文春オンライン 記事一覧

2018年10月21日

“期待の二ツ目”林家木りんが直撃 伝説のテレビマンが語る「落語家の夜明け」 (10月21日 17時00分)
落語人気というけれど、ほんとに落語家は生き残っていけるの?平成生まれ、”期待の二ツ目”林家木りんが、名バラエティを生み出してきた伝説のプロデューサーにして現在はワタナベエンターテインメントの吉田正樹会...
競技クイズの高校日本一決定戦! 「ニュース・博識甲子園」はなぜできたのか? (10月21日 17時00分)
「運命戦だな……」観戦者の誰かがそうつぶやいた。「運命戦」とは、競技かるたの言葉である。最後の1枚をどちらが取るか、それで勝敗が決する、という状況を表す。2018年8月25日。競技クイズの高校日本一を...
「カープファンはどう思われているのか」に対してヤクルトファンが思ったこと (10月21日 11時00分)
10月15日、セ・リーグクライマックスシリーズ(CS)第3戦は、実に色々なことを考えさせられる名勝負だった。もちろん、「ヤクルト対巨人」の一戦ではない。ヤクルトは前日の14日に2連敗を喫して、早々にC...
2018年のベイスターズファンが、2006年5月10日の自分に会いにいく (10月21日 11時00分)
一昨年、熱狂のCS初進出、昨年は3位からCSを勝ち抜いて日本シリーズへ、さぁ今年こそ優勝だ!と凄まじい意気込みで望んだ今シーズン。横浜DeNAベイスターズ、結果は4位でした。フワフワ・モヤモヤ・ドキド...
ハムファンが見たCS 多和田真三郎の連続四球 (10月21日 11時00分)
パ・リーグCSファイナル、ここまでのところ強く印象に残ったのは第2戦、3回表の多和田真三郎の四球だ。あそこは野球の妙味の詰まった面白いところだったと思う。試合は序盤から点の取り合いだった。西武が初回、...
今年のオリックス“最大の収穫” 吉田正尚の忘れられない場面 (10月21日 11時00分)
皆さん、学生の頃皆勤賞をもらったことはありますか?私の場合、最初は皆勤賞を狙うんですが、結局一度ももらえたことがありません。皆勤賞って簡単そうに見えて、意外ともらえないものなんですよね。当時はなんとも...
ウィーン・フィルの“日本語ペラペラ”兄弟が語り合う「辛いときに“効く”曲」 (10月21日 11時00分)
世界的人気を誇るオーケストラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団には「日本語ペラペラ」の兄弟が在籍しています。日本人ピアニストを母に、スウェーデン人ヴァイオリニストを父に持つヘーデンボルク兄弟。オケ運...
蛭子能収71歳。「キャリア45年」なのに“大御所扱い”されないフシギ (10月21日 11時00分)
長らく絶版となっていた蛭子能収の初期のマンガをまとめた『私はバカになりたい』が、最近、青林工藝舎より復刻された。ノンフィクション作家の立花隆は、同作および先に復刻された『地獄に堕ちた教師ども』について...
年間200日旅する私が出会った「絶景の温泉宿」10選 (10月21日 07時00分)
私は宿に泊まる旅が好きだ。毎日毎日、洗い立てのシャツみたいに、ぱきっとすべてを整えてゲストを迎える「宿」という場が好きなのだ。旅人の人生になって13年がたつ。毎年200日以上旅にでかけ、1年の半分は宿...
「本人が一番驚いた」 与田剛氏、ドラゴンズ新監督就任に星野仙一氏の影  (10月21日 07時00分)
「感謝しています。自分はすごく運のいい男だと思います」こんな謙虚な言葉の主は、中日の新監督に就任した与田剛氏(52)。今回の人事は、親会社の中日新聞関係者が「本人が一番驚いたでしょうね」と言うほど、想...
“上から目線” 課題だらけの「移民新方針」では優秀な外国人は来ない (10月21日 07時00分)
政府は今月末に予定されている臨時国会に出入国管理法などの改正案を提出し、本格的な外国人労働者受入れに向けて来年4月の施行をめざすことになった。これまで政府は、移民政策はとらないと何度も言明してきた。ま...

2018年10月20日

手話で「金よこせ」 聴覚障害者ばかりの暴力団、弱者を脅す驚きの手口 (10月20日 19時00分)
聴覚障害者の老人を食いものにしていたのは、同じ聴覚障害者のヤクザだった。警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は10月12日、強要容疑で、指定暴力団住吉会系暴力団組長、阿部太容疑者(54)と妻で韓国籍の李蕙英(...
ハロプロ20周年記念シングルの思いメッセージをどう受け止めるか――近田春夫の考えるヒット (10月20日 17時00分)
『YEAHYEAHYEAH』(ハロプロ・オールスターズ)/『センチメンタルトレイン』(AKB48)◆ハロプロ20周年記念シングル発売とのアナウンスに思いめぐらす第一のものと申せば、やはり時の経つその非...
高橋一生が川村元気に語った「恥ずかしさで顔を赤くした」あの日のこと (10月20日 17時00分)
川村一生君、お札破ったことあります?高橋『億男』の映画のお話をいただいてから破ってみました。川村なんとも言えない気持ちになるでしょう?高橋すごかった。あの体験は。川村雑誌の編集者の人と居酒屋で実験して...
人気AV男優が朗読し、女性が涙する「オトナの“涙活”」とは? (10月20日 17時00分)
東京・表参道でオトナな朗読会が行われている。人気AV男優の大島丈さんが、格調高い古典文学から艶っぽい官能小説まで、ダンディでセクシーな美声で読み上げ、多くの女性を虜にしている。大島丈さん「過去の演目で...
平成皇室の「発言する存在」皇后美智子さまは、何を語ってこられたのか (10月20日 12時00分)
「皇太子妃、皇后という立場を生きることは、私にとり決して易しいことではありませんでした。与えられた義務を果たしつつ、その都度新たに気付かされたことを心にとどめていく――そうした日々を重ねて、60年とい...
「ちーむをだいひょうして」 つば九郎がヤクルトファンに言いたかったこと (10月20日 11時00分)
CSふぁーすとすてーじがおわった。だれもが、そのさきをめざしたたかい、96ぱいからのぎゃくしゅうをねらっていた。あいては、じゃいあんつ。しーずんのたいせんせいせきも、ぶがよく、ちーむも、9がつから、ち...
心から尊敬したあの人……元選手が書く「ベイスターズ寮生活」の舞台裏 (10月20日 11時00分)
さて、もうすぐドラフト会議が行われますね。今年も、育成選手を含めると120人ほどのプロ野球選手が誕生するんですね。非常に楽しみです。僕の時は高校生ドラフトと大学・社会人ドラフトが別で行われました。4球...
日ハムファンも応援したくなる西武・秋山翔吾は本物の“ラジオ好き”だった (10月20日 11時00分)
ライオンズは僕にとって、「大家さんちの息子」のようなものである。かけ出しの構成作家として四谷の文化放送で産湯をつかい、かれこれ30年、何らかのレギュラー番組を持たせてもらっている。途中からフリーになり...
オリックス継投のテーマ曲「calling」はなぜファンに愛されるのか (10月20日 11時00分)
ヤツの上腕繰り出すスライダーとカーブ英雄列伝インに差し込む高めの速球はフェイク豪腕callingBsSONGS4に収録の「calling」、この曲が産声をあげたのは2010年の事だった。我らがMEGA...
「人間は『意味の壁』をつくってしまって、見たいようにしか見ない」美術家・杉本博司インタビュー (10月20日 11時00分)
お出かけに最良なこの季節、少し足を伸ばしてみるなら熱海がいい。駅から海とは反対側へ。山の中腹にあるMOA美術館がお目当てである。現在催されている展示は、「信長とクアトロ・ラガッツィ桃山の夢と幻」と、「...
ズキン、ズキン……と激痛 専門医が教える「片頭痛」への対処法 (10月20日 07時00分)
「頭痛持ち」と呼ばれる人がいる。誰でも頭が痛くなることはあるものだが、頭痛持ちの人はそれが持病なので、日々の生活で何かと大変なことが多い。頭痛にも色々あるが、今回取り上げるのは「片頭痛」。「ズキン、ズ...
「行為に使ったものがそのまま……」“ブラジル移民の町”群馬県大泉町でサンバが中止されたワケ (10月20日 07時00分)
群馬県大泉町――。人口約41,800人のうち外国人が約7,500人、人口比率で約18%を占める日本有数の“移民の町”だ。なかでも最も多いブラジル人は4,221人に上る(今年8月末現在)。大泉町にブラジ...
「私もできれば上げたくありませんが……」 消費税増税を安倍首相の発言から追う (10月20日 07時00分)
安倍晋三首相は15日の臨時閣議で、消費税率を来年10月1日に現行の8%から10%へ予定通り引き上げる方針を表明した。社会保障制度を全世代型に転換する財源を確保するための増税だが、日本経済への影響は必至...

2018年10月19日

気軽に楽しめる首都圏の温泉。千葉・房総半島の絶景に癒される (10月19日 19時00分)
東京駅からJRバス「房総なのはな」号に乗って房総半島の温泉へ。館山で“風の散歩道”を散策後に「洲の崎温泉」の海の風と湯を愉しむ。翌日は内房線で「房総鴨川温泉」に向かい、絶景の温泉とアワビの踊り焼きや千...
豊洲移転で“築地の男たち”は牙を抜かれてしまったのか (10月19日 17時00分)
10月11日、ついに東京・豊洲市場(江東区)が開場した。土壌汚染問題により、当初の予定からおよそ2年遅れのオープン。新たな「日本の台所」の幕開けに、世間の注目度も高まった。通信社で長らく築地を取材して...
「しがみついていきたい」と語った永遠の野球少年・石川雅規投手に伝えたかった言葉 (10月19日 11時00分)
今回は畠山選手の記事のときに書いていた、もうひとりの気になる選手について書きたいと思います。永遠の野球少年・石川雅規投手です。あ、身長で「少年」って言っているんじゃないですよ?熱い投球、野球に対する情...
筒香嘉智が心配です……2018年、ベイスターズのキャプテンに感じたこと (10月19日 11時00分)
筒香が心配です。偉大な4番打者に、心配なんて失礼なことだってわかってる。だけど、心配なんです。ベイスターズファンだったらおそらく、おじいちゃんもおばあちゃんも、ギャルも小学生もバブル世代もロスジェネも...
日本ハム・大田泰示と上沢直之、失敗という名の勲章 (10月19日 11時00分)
という訳でクライマックスシリーズも佳境です。本物の野球の方も、この文春野球コラムペナントレースも。本物の野球の方は、ファイターズがファイナルステージに進めなかったこともあり、全くただの一観客としてのん...
「衰えていく自分」とどう向き合うべきか――「日本国」と「ベテラン選手」がともに抱える問題について (10月19日 11時00分)
日韓関係が再び軋みを上げている。注目を浴びているのは、いわゆる旭日旗を巡る問題だ。今月11日に韓国で行われた国際観艦式に際して、韓国海軍は自衛隊艦船が旭日旗を掲げて、これに参加する事を自粛する旨、要求...