Forbes JAPAN 記事一覧

2018年6月20日

2018年「世界のベストレストラン50」 日本からは3店ランクイン (6月20日 17時00分)
スペイン北部、バスク地方の都市ビルバオで、「世界のベストレストラン50」の表彰式が行われた。会場となったのは、同都市のランドマーク、グッゲンハイム美術館からほど近い場所にある会議場、エウスカルドゥナ。...
もはや夏の風物詩ではない 「365日ブーム」のかき氷の魅力 (6月20日 16時30分)
梅雨らしい雨空が続き、夏の日差しがますます恋しくなる、この季節。早く、汗ばみながら夏空の下でひんやりしたかき氷を食べたいものですね。ところが、夏の風物詩だったはずのそのかき氷が今、季節を問わず大人気な...
IoT推進ラボ、創業支援カルテット 「北陸・東海」を救う人、事業 (6月20日 15時00分)
「地域を救う人、事業」。毎年、この特集で気づかされる「人間の本能」がある。小さな可能性を見つけて、それを広げる努力ができることだ。環境は千差万別。忘れ去られた伝統や習慣から最先端のテクノロジーまで、ヒ...
中国政府が香港・マカオに「Eパス」導入、WeChatで越境管理へ (6月20日 14時30分)
テンセントは中国政府とともにWeChatを活用した「Eパス」システムの構想を描いている。同社が本拠を構える広東省と香港、マカオの一帯は「グレーターベイエリア(GBA)」と呼ばれ、6300万人が暮らすメ...
自分の「強み」ばかりに頼ってはだめ 生じる4つの問題点 (6月20日 12時30分)
もしも何かに迷いが生じた時は、アルバート・アインシュタインに教えを請うこと。この原則には私自身がこれまで幾度となく救われた。彼の名言のひとつはこうだ。「人は誰もが天才だ。しかし、木を登る能力で魚を評価...
「小型版iPhone X」はキャンセル、史上最大6.5インチ端末が発売へ (6月20日 12時00分)
アップルは今年、iPhoneSEの後継モデルにあたる小型版の端末「iPhoneXSE」を発売すると噂されていたが、スマホのケースメーカーの「Olixar」がこの情報を否定した。Olixarによると今年...
インド発の「レイプ被害」通報デバイス、XPRIZE賞を受賞 (6月20日 11時30分)
世界のイノベーションを推進する非営利財団「XPRIZE」が主催するコンテストから、また新たなテクノロジーがもたらされた。6月6日、同財団はニューヨークの国連本部で、女性を性暴力から守るテクノロジーのコ...
スタバがまだない極東ロシアの「手づくりカフェ文化」 (6月20日 10時30分)
ロシア人は甘いもの好きで、ウラジオストクにはカフェの数がやたらと多い。とくに手づくり感覚の個性派カフェが多いのが特徴だ。なにしろこの町にはまだスターバックスがない。この種のグローバルチェーンが入り込ん...
W杯に特化したAIサービス 全選手を画像認識するテレビも (6月20日 08時30分)
熱戦が続くFIFAワールドカップロシア大会(以下、W杯)。中国では、4年に1度のサッカーの祭典を狙って、メーカー各社から人工知能(AI)を取り入れた製品・サービスが次々と発表されている。中国家電大手ハ...
若者のフェイスブック離れは本当? 全米ソーシャルメディアユーザー調査 (6月20日 08時00分)
いまや、ソーシャルメディアは私たちの生活に欠かせないものになりつつある。米調査機関「ピュー・リサーチ・センター」では今年の1月、アメリカの成人を対象に「全米ソーシャルメディアユーザー調査2018」を実...
テスラ株の乱高下から学ぶべき5つのこと (6月20日 07時30分)
米電気自動車(EV)メーカーのテスラはここ数カ月間、良くないニュースに見舞われている。それは間違いない。過去およそ12カ月間にわたって株価は乱高下を続け、今年に入ってからも一時、年初と比べて30%近く...
サムスン、米高級ホテルで「スマートウォッチの業務利用」始動 (6月20日 07時00分)
米テキサス州で開催されるカンファレンス「HITEC2018」はホテルなどのホスピタリティ業界向けのテクノロジーの見本市だ。サムスンはそこで、ホテルの従業員がハンズフリーで業務命令に対応できるソリューシ...

2018年6月19日

世界最高のピノ・ノワール 苦難の末に口にした珠玉の味 (6月19日 18時30分)
世界最高のワインはどのような味がするのだろう?ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティは議論の余地なく、世界最高のピノ・ノワールと考えられている。ドメーヌの共同経営者兼所有者のオベール・ド・ヴィレーヌは、ワ...
ヒューマノーム研究所が考える、未来の人間の姿、価値観とは? (6月19日 17時05分)
「人間とは何か」という究極の問いに魅せられ、ヒューマノーム研究所を起ち上げた、リバネス副社長井上浄。研究の先にみえてくる、未来の姿・価値観とは──。──自らの研究領域を超え、「人間を科学する」というか...
高額なiPhone X、何日働けば購入できる? 各都市を比較 (6月19日 16時30分)
昨年11月に発売されたiPhoneXは、iPhone史上最高額となる999ドル(約11万円)に設定され、”涙が出るほど”の値段になった。また、米国以外では大半の場合、この価格に関税と消費税が上乗せされ...
第3新創業市、ソトものツアーズ 「関東・甲信越」を救う人、事業 (6月19日 15時00分)
「地域を救う人、事業」。毎年、この特集で気づかされる「人間の本能」がある。小さな可能性を見つけて、それを広げる努力ができることだ。環境は千差万別。忘れ去られた伝統や習慣から最先端のテクノロジーまで、ヒ...
米国で「最も高額なライブチケット」 韓国BTSが首位を独走中 (6月19日 14時30分)
5月末に全米アルバムチャートの「ビルボード200」で1位に立ち、世界から大注目を集めたのが韓国の男性ボーカルグループ「BTS(防弾少年団)」だ。Kポップのアーティストとして史上初の快挙を成し遂げたBT...
女性リーダーが黒を着る理由 (6月19日 12時00分)
5年程前、私は数百ポンド(数万円)を使ってスマートなスーツを新調した。仕立て具合が良く、体形を引き立ててくれるスーツで、私はとても満足していた。さらに私は、そのスーツが自分にとってとても重要なメッセー...
成功者にも多い「自殺」 5つの誤解と真実 (6月19日 11時31分)
もう耐えられない──。医師である筆者は診療室で、数えきれないほどの患者たちが静かに、恥ずべきことであるかのように目に涙をためながら、そう打ち明ける言葉を何度も耳にしてきた。6月上旬、自ら命を絶ったファ...
グーグルが狙う「中国市場、再参入」 5億ドル出資で見えた思惑 (6月19日 11時00分)
グーグルのサービスのほとんどは中国では利用できない。しかし、グーグルは中国のEコマース大手「JD.com(京東)」と戦略的パートナーシップを結び、同社に5億5000万ドル(約608億円)を出資しようと...
来たる信用経済、わたしたちの生活はどう変わっていくのか? (6月19日 10時00分)
あなたは「貨幣が取って代わられる未来」を想像できただろうか──。中央銀行などの国家を主体として発行するわけではない仮想通貨や、不特定多数の人から少額の資金を調達するクラウドファンディングの台頭。ある人...
中国版ネットフリックスの「愛奇芸」 時価総額3兆円を突破 (6月19日 09時00分)
今年3月29日に米ナスダック市場に上場した動画ストリーミング企業「愛奇芸(iQiyi、アイチーイー)」の株価は、6月15日の終値で40.16ドルをつけた。”中国版ネットフリックス”と呼ばれる愛奇芸の株...
高齢者に必要な次世代モビリティとは? 共感インタビューで見えた衝撃の事実 (6月19日 08時30分)
「シリコンバレーで、若手3名が一つ屋根の下で暮らし、デザイン思考を使って、今までにない全く新しい次世代モビリティを開発する」スズキの特別プロジェクト公募に自ら志願し、選抜された3名はデザイン思考のフレ...
「行政に興味のない市民に損をさせない」 和光市長が選ぶ道 (6月19日 08時00分)
普通交付税とは、自治体間の財政不均衡を是正するため、国が地方自治体に配分するものだ。昨年、普通交付税を受けていない地方自治体は、全国1718市町村のうち、わずか75団体。そのなかのひとつに埼玉県の和光...
英メイ首相「ジンバブエのビリオネア」の慈善活動を表彰 (6月19日 07時30分)
テリーザ・メイ英首相は先日、ジンバブエのビリオネアであるStriveMasiyiwaとその妻に、優れたボランティア組織に贈る賞「ポインツ・オブ・ライト賞(PointsofLightaward)」を授与...
台湾でスタートアップ育成の「アリババ」 起業家に3億ドル用意 (6月19日 07時00分)
6月5日から開催された台湾のテック見本市「COMPUTEX」には400以上のスタートアップ企業が参加した。そこで存在感を発揮していたのが、中国のアリババがスタートアップ育成のために設立したファンド「A...

2018年6月18日

サッカーもビジネスも同じ 新興国のクラブ経営から学ぶ「プロ意識」の育て方 (6月18日 18時00分)
先日開幕した2018FIFAワールドカップロシア大会。開催地であるロシアの大勝から始まり、優勝候補との呼び声高いブラジルやドイツが初戦から苦戦を強いられるなど、刺激的な戦いが連日続いている。結果を左右...
サッカーロシアW杯、VAR導入でレッドカードは増えるのか? (6月18日 17時15分)
2014年のFIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会で出されたレッドカードは、10枚だった。8枚にとどまった1986年のメキシコ大会より後の大会では、最も少ない数だ。また、ブラジル大会までに退場処分...
社会主義国キューバの変化に見る「クリエイティビティ」への希望 (6月18日 17時00分)
今年4月、キューバ人民権力全国会議(国会)は、最高指導者ラウル・カストロ国家評議会議長の後継者として、ミゲル・ディアス=カネルを指名した。退任時のカストロは86歳、後継のディアスカネルは57歳だ。ラウ...
「人間の生き方」を科学する、ヒューマノーム研究所の挑戦 (6月18日 16時30分)
医療・ヘルスケア技術の進歩により、人の健康が約束される未来がやってきたら─。そのポストヘルス時代に向け、超異分野の研究者たちによる究極の問いを追究する旅が始まった。人間の設計図である遺伝子全体を意味す...