0

独占インタビュー「圭、エースをねらえ!」 あの名作漫画の著者・山本鈴美香先生が錦織とマイケル・チャンに泣いた

2014年9月22日 06時00分

1973年から「週刊マーガレット」に連載され爆発的にヒットした『エースをねらえ!』の記念すべき単行本第1巻

[拡大写真]

1970年代に「週刊マーガレット」に連載されるや圧倒的支持を受け、アニメ化でも人気爆発、中高生を中心にテニスブームを巻き起こした伝説の漫画『エースをねらえ!』。

スポ根漫画の金字塔というだけでなく、胸熱くする学園ロマンであり、後半は青春期の魂の成長を描いた珠玉の哲学書ともいえる内容で同世代のバイブルとなった。最近では、元プロテニスプレイヤー・松岡修造氏が座右の書として挙げていることでも知られている。

今回、錦織圭選手の日本人史上初、全米オープン準優勝という快挙にいまだ感動の余韻(よいん)冷めやらぬ中、この方にこそ話を聞かねば!と作者の山本鈴美香(すみか)先生を直撃。

普段、体調面が不安なこともあり、ほとんど表舞台に顔を出さないというものの「このお話だけは受けねば」と快諾していただき、山梨・甲州市のお宅を訪問した!

―まずは、今回の錦織選手の活躍について率直な感想をいただけますか。

山本 本当に感動してかたまりました。錦織選手のような強い選手に恵まれて、ビッグ4の中のトップを立派に倒して。何十年ぶりとか日本人初とかって、昔だったらいくら漫画でもそれは夢を見すぎよねっていう(笑)、非現実的でちょっとひどいんじゃない?と言われるような。私でも夢のようと思わせる素晴らしい活躍でした。

―お会いしてすぐ、まさに錦織選手があんな素晴らしい活躍をしたので「私も頑張らなきゃ」とインタビューも受けられたとおっしゃいましたが?

山本 彼があの4回戦と準々決勝ですか、4時間19分、4時間15分という試合の時、私は熱でうんうん言ってたもんですから。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「独占インタビュー「圭、エースをねらえ!」 あの名作漫画の著者・山本鈴美香先生が錦織とマイケル・チャンに泣いた」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!