0

没後30年!伝説の野球漫画『キャプテン』秘話を主人公・谷口君のモデル?初代担当編集・谷口さんが語った

2014年12月10日 06時00分 (2014年12月22日 20時01分 更新)

伝説の野球漫画『キャプテン』の初代担当編集だった谷口忠男さん。今回はその秘話を明かしてくれた。

[拡大写真]

ストーリーは弟の七三太朗(なみたろう)さんと相談していましたが、キャラクター設定は、ちばさん。そば屋の親父に関しても詳細なスケッチや設定をつくっていたのには驚かされました。―ストイックに努力していく谷口くんは、ちば先生の自己投影であるようにも思えますね。

谷口 そうかもしれません。ただ、本人のお気に入りは、イガラシでした。強いリーダーシップでチームを牽引(けんいん)していく姿に、憧れを持っていたんじゃないかな。

―絶大な人気を誇った『キャプテン』『プレイボール』ですが、その結末は誰もが「え?」と思ってしまうようなあっけないものでした。なぜ、ああいうかたちになったのでしょうか。

谷口 週刊、月刊ふたつの連載で、ちばさんの体と精神が限界まで来ていたからです。私たちとしても、もう苦しんでいる姿は見たくないということで……。兄のてつやさんも「もうマンガ家は辞めさせて、花屋でもやらせるかな」なんて言っていましたからね。その後、1年ほどの休養を経て、ちばさんから「もう一度、描きたい」っていう連絡があって、『チャンプ』などの作品が生まれるわけですが……。ちばさんが亡くなられたのは、もう大丈夫と思った矢先の出来事だったんです。

―もし、ちばさんがお元気でいらっしゃったなら、『キャプテン』や『プレイボール』はどのような結末を迎えたと思いますか?

谷口 うーん。難しいですね。正直、別の作家を立てて『キャプテン』の続編をつくる構想もあったのですが、奥さまの「ちばの物語は終わったんです」という言葉で、実現を断念しました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!