0

【朝日杯FS】レッドアンシェルに“代打騎乗”するシュミノーの評価

2016年12月14日 21時32分

洗い場でも気合十分のレッドアンシェル

[拡大写真]

【朝日杯フューチュリティステークス(日曜=18日、阪神芝外1600メートル)栗東発トレセン秘話】「できれば(福永)祐一に乗ってもらいたかったんだけどな」

 新馬→もみじSと連勝中のレッドアンシェルを管理する庄野調教師が、朝日杯FSに乗れなくなった主戦(福永は3日の阪神競馬で落馬負傷して療養中)に対して未練をのぞかせた。外国人騎手に乗り替われば「鞍上強化」と言われる昨今、トレーナーの言葉は新鮮に聞こえる。

 もっとも、今回のレッドアンシェルの場合は負傷でやむなくだから、いわゆる“外国人至上主義”の乗り替わりとは事情が、ちょっと異なる。もともとテンションが高めの馬だけに、これまでしっかりコンタクトを取ってきた鞍上のほうが心強いという側面もあるだろう。そういう意味では、今回のケースは鞍上強化どころか“鞍上弱化”にもなりかねない? しかし、ピンチヒッターとして指名されたヴァンサン・シュミノーに関しては、こんな意見もある。

「あのジョッキーは、かなりうまいですね。調教ではひっかかる馬でも、道中うまく我慢させられるし、直線でもしっかり追ってきてくれる。リーチが長くて、フォームもしっかりしているよね。名門アンドレ・ファーブル厩舎所属ってだけのことはありますよ」

 橋口調教師は中京開幕週(3日)の500万下で11番人気の管理馬サーサルヴァトーレを2着に持ってきた手腕を評価し、阪神最終週に使う手駒3頭を全てシュミノーに託す予定とか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【朝日杯FS】レッドアンシェルに“代打騎乗”するシュミノーの評価」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!