羽生選手の中国人ファン「衣装担当は誰?」、ネットに寄せられた衣装に対する「似合わない」の声

2014年2月17日 14時00分 (2014年2月21日 00時12分 更新)

羽生結弦がソチ五輪のフィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得した。中国には羽生の甘いマスクと華麗な演技に魅了されたファンが大勢いるようで、羽生がフリーで着用していた衣装にも高い関心が寄せられている。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)

 羽生結弦ソチ五輪フィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得した。羽生の甘いマスクと過去最高得点を叩きだした、女性のしなやかさと男性の力強さを兼ね備えた華麗な演技は、瞬く間に世界中で話題になった。中国人ファンも大勢いるようで、羽生がフリーで着用していた衣装にまで高い関心が寄せられているので紹介しよう。

 中国大手検索サイト百度の掲示板にこのほど、「羽生結弦の衣装は誰がデザインしたものか知っている?」というスレッドが立てられた。同掲示板はフィギュアスケートファンが集う掲示板だけあって、フィギュア事情に詳しい中国人が多いようだ。

 ネットユーザーからは「(羽生の衣装は)やっぱりジョニーのスタイルだよね」、「今回だけでなく前回もそう。ジョニーは男子では羽生だけにデザインしている」などのコメントが寄せられた。多くの中国人ユーザーは、羽生の衣装担当者が誰なのかを知っていたようだ。

 指摘のとおり、羽生の衣装デザインはジョニー・ウィアー氏が担当している。ジョニー・ウィアーは自身もフィギュアスケーターとして活躍していた米国人男性で、2006年トリノ五輪では5位、10年バンクーバー五輪でも6位に入賞した実績を持つ。11年末にはロシア系ユダヤ人の男性弁護士と同性結婚をしている。

 羽生の衣装担当がジョニー・ウィアーであることは、フィギュア・ファンにとっては特に真新しい情報というわけではないようで、「とっくの昔から知っていた」というユーザーも多かった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。