0

箱根駅伝を10倍楽しく見る女性のための「イケメン」ガイド

2014年12月27日 09時59分

 正月といえば箱根駅伝を楽しみにしている人も多いだろう。来年1月2日と3日の第91回大会は、駒沢大学と東洋大学の戦いが見ものらしいが、多くの女性たちにとって、そんなものはどうでもいいことだろう。

 ところが、箱根駅伝を「イケメン対決」ととらえると、俄然楽しいイベントに見えてくる。

 そこで、今回は「女性のための見どころ」を一挙解説!

 一番人気は前回優勝した東洋大学のイケメン・勇馬(3年)と弾馬(2年)の服部兄弟。切れ長の目と端正な顔立ちの兄。まだあどけなさが残り、ついご飯でも作ってあげたくなるような弟には、「そろってモデルになれそう」という年上の女性ファンからの声が集まっている。

 この2人に負けず劣らずの人気を誇るのが、昨年の全日本大学駅伝で四連覇を成し遂げ、着実に力をつけている駒沢大学のエース・村山謙太(4年)。こちらも兄弟がおり、双子の弟である紘太(4年)も城西大学の主将としてチームを牽引している。どちらも眉の存在感が凛凛しさを感じさせると評判だ。また顔立ちだけではなく、悔しい顔や踏ん張る姿もそっくりで、「その努力している姿に思わず感情移入してしまう」という女性が急増している。

 同じく駒沢大学の馬場翔太(3年)も、まるでリスのような目をしたキュートな顔立ちで女子ウケNO1。『ペットにしたい!』という声も。さらに大東文化大学のイケメン双子、市田孝・宏(ともに4年)も鹿児島実業高校時代から人気・実力ともに折り紙つき。じっと見据えるような真剣な表情にノックアウトされる女性が続出中だ。

 さらにランナーだけではなく、東洋大学の酒井監督もさわやかさで女子人気が高い。

 箱根駅伝は全然興味がないという女性も、イケメンたちの苦悶顔はキュンとくること間違いなしだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「箱根駅伝を10倍楽しく見る女性のための「イケメン」ガイド」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!