0

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<ゴルフ篇/強烈「ライバル争い」>(2)青木・尾崎と死闘を繰り広げた中嶋常幸の練習法

2016年10月20日 05時56分 (2016年10月23日 17時31分 更新)

 この2人に割って入ったのが、中学・高校のアマチュア時代、父親の超スパルタ特訓を受けた中嶋である。雨の試合を想定して、扇風機で飛ばした水を浴びながらの練習や、腰につけたタイヤを引きずっての坂道ランニング‥‥。

 75年にプロ入りした中嶋は、翌年のゴルフダイジェストトーナメントでいきなり優勝し、天才ぶりを発揮した。77年には日本プロ選手権で、戦後最年少記録となる22歳で優勝。以後、AOとの三つ巴の戦いが歴史を彩った。

 中嶋にも、AOに勝るとも劣らないエピソードがある。76年、秋田県の男鹿GCで行われた関東プロ選手権。ここで新人の中嶋と、当時はAOと並ぶ強豪の村上隆(72)が激突した。村上は前年に日本オープン、日本プロ、日本マッチプレー、日本シリーズの4つのタイトルを獲得した、飛ぶ鳥を落とす勢いのグランドスラマー。試合は村上の優勝で決着したが、2位に終わった中嶋は、悔し紛れにインタビューでこう答えた。

「村上さんは今がピークの人。近い将来に、僕があの人に代わって天下を取る」

 この言葉はのちに、現実のものとなる。海外4大メジャー全てでトップ10入りを果たしているのは、中嶋ただ1人である。

 中嶋は晩年になっても、猛烈なトレーニングを敢行した。冬場の合宿をよく行う群馬県のゴルフ場。筆者がそこへ取材に行った時のことだ。隣接する、まだ雪が残る岩山を中嶋は素手でよじ登り、縦走し始めた。同行した若手記者とカメラマン、弟子やマネージャーたちは全員脱落。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!