0

【柔道】ベテラン近藤亜美 注目される阿部兄妹にジェラシー「若手には負けない」

2017年8月3日 20時30分 (2017年8月4日 10時11分 更新)

代表合宿で飛躍を誓った近藤(右)

[拡大写真]

 柔道世界選手権(28日開幕、ハンガリー・ブダペスト)に向けた女子代表合宿が3日、都内で公開された。

 3度目の出場となる48キロ級の近藤亜美(22=三井住友海上)は「初めての世界選手権と比べてドシッと構えている部分がある」とベテランの貫禄を見せたが、一方で、男子66キロ級代表の阿部一二三(19=日体大)と妹で52キロ級の詩(17=兵庫・夙川学院高)の阿部兄妹の活躍にはジェラシーをのぞかせる。

 3年後の東京五輪を見据え、兄の一二三は大手銀行のCMに起用されており「なんか、街を歩いていたら、一二三がいるんですよ。看板に」と嫌でも目に入るという。世界選手権代表は逃したものの、ルックスでも注目される詩に対しても「すごい高校生感が出ていていいなと。JKだなと…」と近藤はうらやましそうだった。

 近藤も2014年に世界選手権を制した時はまだ19歳だった。兄妹の存在は、いい意味で刺激になっているようで「最近リオから東京に向かうにあたって若手が注目されていて、自分もそういう時期があったなと思ったりするんですけど、そういうのに負けないように、目立った柔道をして優勝したいと思う」と決意を新たにした。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!