0

セレナ・ウイリアムズが赤ちゃんの誕生を発表

2017年9月14日 20時26分 (2017年9月16日 13時46分 更新)

9月1日に女の子を出産したことがわかったセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)(写真◎Getty Images/2017年1月に撮影)

[拡大写真]

 セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がソーシャル・メディアを通じ、女の子を出産したこと、子供にアレクシス・オリンピア・オハニアン・ジュニアと名付けたことを発表した。
 セレナはインスタグラムとツイッターの自分のアカウントで子供の誕生を告げ、投函したビデオの中で、「私たちには多くの問題があったけれど、何を手にしたか見てみて」と言った。
 35歳のセレナは昨年12月にソーシャルメディア、レディットの創設者の一人であるアレクシス・オハニアン氏と婚約している。
 ふたりの子供は9月1日、水曜日に生まれ、6ポンド14オンス(約3600g)だった。ある投稿にはこの新生児について「グランドスラム・タイトル:1」と書かれている。
 セレナはそれより前に、彼女の23番目のグランドスラム・シングルス・タイトルを1月の全豪オープン----彼女がすでに妊娠中だったとき----に勝ち獲っていた。
 セレナはそれ以降、どの大会にも出場しておらず、来年の全豪オープンからツアーに復帰する予定だ。全豪は2018年1月15日から、つまり出産の4ヵ月半後にスタートする。
「もし準備ができているなら、彼女はプレーするだろう。もし準備が整わなかったら、プレーしないだろう。私は医師じゃない。彼女がいつ練習を始める準備ができた状態になるかは、私には決められない。彼女の準備が整い、我々と十分に練習を行うことができるようになったと判断したら、彼女はプレーするだろうよ」と、セレナのコーチであるパトリック・ムラドグルーは言った。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!