4

【テニス】“錦織はピーク過ぎた”説に恩師・米沢氏が反論

2017年9月14日 16時30分 (2017年9月14日 17時52分 更新)

右手首を痛めたて年内の試合を欠場する錦織(ロイター) 

[拡大写真]

 男子テニス世界ランキング14位の錦織圭(27=日清食品)が、米国IMGアカデミー時代の師・米沢徹氏(58)から再起のエールを送られた。右手首の腱断裂で8月のウエスタン&サザン・オープン以降、年内欠場を決めてキャリアの岐路に立たされているが、米沢氏は「まだうまくなる」と「ピークを過ぎた」説に異を唱えた。一方、自身が指導に携わるジュニア世代の現状や「錦織2世」誕生への道についても語り、テニス界の未来を示した。

 現在は錦織のコーチングには携わっていない米沢氏だが、本紙の取材にこう答えた。「これから錦織を見て育つ世代は、また彼を追いかけていくんじゃないですか。いかないとボクたち(指導者)も困りますから。錦織にはもうちょっと上を、グランドスラムで優勝してほしいですよね」。独特の言い回しで、再起のメッセージを送った。

 右手首の負傷については「あのレベルで頑張っているだけでもすごいので、体にも負担がかかっている。それが手首にきたっていうこと」と捉える。2014年全米オープン準優勝を最後に、好成績を収めておらず「ピークを過ぎたのでは」との声も聞こえてくるが、米沢氏は否定した。「いやいや、まだうまくなっているしこの1年、2年でレベルアップしている。(ロジャー)フェデラー(36=スイス)や(ラファエル)ナダル(31=スペイン)と比べても若い。まだ伸びる年齢だからいけると思います」

 今季、ツアー未勝利についても「全米に向けては、またいい調子が戻ってきている印象だった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    その通りだろ・・・と、思うんだが。 反論?コート上で魅せれば?

    3
  • 匿名さん 通報

    商売道具のラケットを破壊した時点でもう終わり。職人は道具を粗末にしないし、道具のせいにしない。

    2
  • 匿名さん 通報

    辞めろ。短気、暴力男。

    1
  • 匿名さん 通報

    恩師が何を言っても結果はすでにピークを超えていることを証明している結果しか残ってないのよね

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!