10

敗れたエンダム「体調不良」告白も村田の進化に脱帽

2017年10月22日 23時06分 (2017年10月23日 15時52分 更新)

村田(右)をたたえるエンダム

[拡大写真]

 ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ(22日、東京・両国国技館)で、同級1位の挑戦者・村田諒太(31=帝拳)に7R終了TKOで敗れた王者アッサン・エンダム(33=フランス)は、村田の進化に脱帽した。

 エンダムは調整に失敗したことを告白。9月に左足首を負傷し、さらに40度の高熱で10日間ダウンしたことを明かした。その後もフロリダでのトレーニングが超大型ハリケーン「イルマ」に直撃され、ジムが閉鎖されるなど不運続きだったという。「しっかり準備ができないまま来てしまった」と悔やんだ。

 試合中に異変を感じ、戦い続けたが、調子は戻らない。村田の右を警戒しながら左回りにステップを踏んだものの、猛攻を止めることはできなかった。最後は「普段ならガードも固く、相手のジャブで揺らぐこともない。試合を続けることで大ケガにつながってはいけない」とのセコンドの判断で、敗戦を受け入れた。

 ただ、村田のことは素直に祝福。初対戦だった5月の王座決定戦と比較し「圧が強く、パンチの数も多かった。それに、変わらず右のパンチも強い」と観念した様子だった。戦いを経て生まれた友情も変わらない。「素晴らしい友人を持った。できるだけ長く、このベルトを防衛してほしい」とエールを送った。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 10

  • 匿名さん 通報

    日本史上初!五輪金メダリストがプロ世界チャンピオン!おめでとうございます‼️

    16
  • 匿名さん 通報

    こういった友情は素晴らしいものだと思う。本当に。

    13
  • 匿名さん 通報

    村田の人格が相手にも伝わったな。

    9
  • 匿名さん 通報

    なんかいい、チャンピオンだな こういう友情は本当に素晴らしい

    7
  • 匿名さん 通報

    友情も良いが、現役中はもっと厳しさも欲しい。試合前の笑顔も封印すべき。これでは世界では通用しない。本物になって欲しい。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!