1

錦織圭、復帰への心境を語る「なるべく早くトップに戻っていきたい」

2017年12月7日 17時30分 (2017年12月15日 19時46分 更新)

写真は2017年全豪オープンテニスでの錦織圭

[拡大写真]

 2017年のシーズンなかばでツアーを離脱した錦織圭の復帰が近づいている。
 11月に一時帰国した錦織は、全豪オープンの前哨戦で12月末に開幕する「ブリスベン国際」での復帰を目指す、と話した。ただ、「けががいつ治るかわからないので、ブリスベンを目指すが、(復帰は)2月、3月になるかもしれない。なるべく焦らず、しっかり治してからツアーに戻りたい」と口ぶりは慎重だった。

 11月下旬、錦織は拠点の米国・IMGアカデミーから日本に戻り、日清食品ドリームテニスARIAKEなどのイベントに参加した。メディア対応の機会もあり、故障の回復ぶり、復帰の見通しなどを率直に語った。
 その時点ではIMGアカデミーでリハビリやトレーニングに取り組んでおり、トレーニングは1日3、4時間、テニスの練習は1、2時間。当初は打球時の衝撃を軽くするために空気圧を落としたボールと軽量のラケットを使って練習をスタートし、その後、通常のボールで行うようになった。「だいぶ打てるようになってきているが、まだ(力の入れ方は)5割6割くらい。まだ思いきりは打てない」という。

 打球時に大きな負荷がかかる右手首だけに、慎重に練習を進めている様子だ。もちろん医師やトレーナーにも助言を求めるが、最終的なゴーサインは自分自身で出すつもりだ。
「自分の中で『治った』と思えば出るだけ。ドクターやトレーナーには分からない感覚なので、僕自身が手首に100%、テニスしていて痛みがなければ出られる。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    グレーなお友達のいる彼女は連れて来てるの?

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!