3

“鉄人”衣笠さん死去、4月19日の中継で心配の声も

2018年4月24日 13時31分
元広島の衣笠祥雄さんが、大腸がんのため亡くなったことがわかった。71歳だった。

その他の大きな画像はこちら



“鉄人”の愛称で知られる衣笠さんは、40歳のときに2131試合連続試合出場(当時の世界記録)を達成し、1987年には国民栄誉賞を受賞。プロ23年間の通算成績は2677試合に出場し、打率.270、504本塁打、1448打点、266盗塁。

衣笠さんは4月19日に行われたDeNA−巨人戦の解説で、BS-TBSの中継に出演。声がかすれて聴き取りにくい状況がずっと続き、Twitterなどネットで心配の声が上がっていた。 


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20180449203.html

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「“鉄人”衣笠さん死去、4月19日の中継で心配の声も」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    ご冥福をお祈りいたします

    3
  • 匿名さん 通報

    どんなに厳しい事態へ直面した時にも、この人はいつも笑顔だった。長い間、本当にありがとうございました。ゆっくりと休んで下さい。

    2
  • 匿名さん 通報

    兆候が出ていたのか▪▪▪お悔やみ申し上げます。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!