<大相撲夏場所>土俵勘も問題なし 白鵬4連勝

2018年5月16日 20時24分 (2018年5月16日 21時54分 更新)

上手出し投げで魁聖を降す白鵬(左)=東京・両国国技館で2018年5月16日、玉城達郎撮影

[拡大写真]

 大相撲夏場所4日目の16日、横綱、大関陣で唯一4連勝の白鵬は、体が動いてきた。体重204キロと関取では2番目に重い魁聖に対し「相四つだから前みつを取るか、差されないようにと考えていた」。立ち合いで右を差し左上手を取ると、素早い出し投げで魁聖を土俵に転がした。目の前で鶴竜が敗れただけに、横綱として「締めなきゃいけないという思いはある」と白鵬。2場所連続で休場し土俵勘が戻っているか心配されていたが、問題なさそうだ。