<アメフット>日大回答は「疑念を解消できず」 関学大会見

2018年5月17日 13時59分 (2018年5月17日 22時24分 更新)

日大の反則行為で、記者会見に臨む関学大アメフット部の小野宏ディレクター(左)と鳥内秀晃監督=兵庫県西宮市で2018年5月17日午後1時24分、小出洋平撮影

[拡大写真]

 アメリカンフットボールの日大−関西学院大の定期戦(6日、東京)で日大守備選手が反則タックルをして関学大QBを負傷させた問題で、関学大の鳥内秀晃監督らが17日、兵庫県西宮市の大学施設で記者会見した。反則行為への見解と謝罪を求める抗議文(10日付)に対する日大の回答に対するもので、「疑問、疑念を解消できておらず、誠意のある回答とは判断しかねる」との見解を表明し、日大側の24日までの再回答を踏まえて対応を検討する方針を示した。

 日大の回答は「意図的な乱暴行為を行うことなどを選手へ教えることはない。指導方針は『厳しさ』を求めるものだが、選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていた」と指導者の指示を否定。内田正人監督が試合後に「これが僕のやり方」などと発言したことには「反則行為を容認すると受け取られかねないもので、撤回する」とした。日大は事実関係の確認作業などを進め、24日をめどに改めて回答するとしている。

 これに対して関学大側は▽部長と監督からの被害選手と保護者への直接謝罪▽反則プレーに至った経緯や指導内容などの具体的回答−−などを改めて要望。再回答に納得しない場合は定期戦を打ち切る意向であることを改めて示した。

 その試合で日大守備選手は、関学大QBがパスを投げ終えた約2秒後に背後からタックルして負傷退場させたほか、さらに反則を2度犯して退場処分。関東学生連盟は10日、その選手を対外試合出場禁止、内田監督に厳重注意とする暫定的な処分を下したほか、規律委員会による調査を踏まえて来週にも追加的な処分を決める方針だ。