0

日比 自身初のウィンブルドン本戦出場ならず[ウィンブルドン予選]

2018年6月29日 11時30分

予選で敗退となった日比万葉(「オラクル・チャレンジ・シリーズ」の時のもの)

[拡大写真]

6月28日、「ウィンブルドン」男子シングルス予選3回戦、女子シングルス予選3回戦、女子ダブルス予選2回戦が行われた。
女子シングルス予選3回戦で、世界199位の日比万葉(日本/安藤証券)が116位のエフゲニヤ・ロディナ(ロシア)に2-6、4-6のストレートで敗れ本戦出場を逃した。
第1セット、日比のサービスゲームからスタート。日比は第1ゲームからいきなりブレークを喫し、さらに第3ゲームでもブレークを許し4ゲーム連取される。第5ゲームでロディナのミスにも助けられ、日比は初めて自身のサービスゲームをキープ。その後互いにキープしてゆき日比は第1セットを落とす。
続く第2セット、第3ゲームまでブレークが続き日比は再び追いかける展開に。日比の3-4で迎えた第8ゲーム、相手ロディナが2度のダブルフォルトをおかし、日比がブレークバックに成功。しかし直後に再びブレークされ、そのまま第2セットも奪われた。残念ながら日比は自身初の「ウィンブルドン」本戦出場とはならなかった。
「ウィンブルドン」予選で本戦出場を勝ち取った日本人選手は、男子ダブルスでアンドレ・ベゲマン(ドイツ)とペアを組んでいる内山靖崇(日本/北日本物産)のみとなった。内山が自身初のグランドスラム本戦でどのような戦いを見せてくれるか楽しみだ。
◇   ◇   ◇
【6月28日 主な試合結果】
◆男子シングルス予選
3回戦
〇ルベン・ビーママンズ(ベルギー)6-3、6-1、6-2 ●バーナード・トミック(オーストラリア)
◆女子シングルス予選
3回戦
〇エフゲニヤ・ロディナ(ロシア)6-2、6-4 ●日比万葉(日本/安藤証券)
〇ユージェニー・ブシャール(カナダ)6-3、6-2 ●マリアナ・デュケ マリノ(コロンビア)
〇ベラ・ズボナレワ(ロシア)6-2、6-3 ●キャロライン・ドラハイド(アメリカ)
(テニスデイリー編集部)
※写真は予選で敗退となった日比万葉(「オラクル・チャレンジ・シリーズ」の時のもの)(Photo by John Cordes/Icon Sportswire via Getty Images)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「日比 自身初のウィンブルドン本戦出場ならず[ウィンブルドン予選]」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!