5

ドン・山根氏の元側近が道連れ自爆 WBA元王者“名城いじめ”告発

2018年8月11日 11時00分

赤井英和(右)のオファーで、近大ボクシング部のヘッドコーチに就任した名城氏(2014年4月)

[拡大写真]

“ドン”のハラスメントを受けた第3の世界王者がいた!! 日本ボクシング連盟の会長だった山根明氏(78)が8日に辞任を表明したことを受けて、かつて側近だった近畿大学前ボクシング部総監督の澤谷廣典氏(55)が「自爆覚悟」で新たな“ドンのいじめ”を暴露した。WBA世界ミドル級王者の村田諒太(32)、WBA、WBCなどのミニマム級元王者・高山勝成(35)に続き、今度はWBA世界スーパーフライ級元王者の名城信男氏(36)も山根氏から不当な扱いを受けていたというもの。現役、元世界王者の3人につゆほどの敬意も払わず、押さえつけようとした山根氏。「ボクシングを愛している」とは、チャンチャラおかしい。

 山根氏は9日、午前9時過ぎに外出。辞任に関する詳細な説明を求める報道陣の「逃げないと言ったじゃないですか?」という問いかけに「逃げてない」と語るのみだった。連盟の吉森照夫副会長兼専務理事は山根氏に8日に電話し、会長と理事を退くことを確認したと明かした。ただ、アマチュアボクシング界から完全に手を引くのかは不明だ。

 そんななか、本紙は新たな“ドンの被害者”を見つけた。

 2006年、わずかプロ8戦目にしてWBA世界スーパーフライ級のチャンピオンベルトを腰に巻いた名城氏だ。一体どんなイヤガラセを受けたのか?

 名城氏は本紙の取材に「ノーコメント」だったが、山根氏の“悪行”を最初に暴いた澤谷氏がこう明かした。

「おかしな判定で人生の変わった生徒、高体連(全国高等学校体育連盟)の先生への恫喝、そして、名城が干されてる件を晴らしていきたいだけなんです」

 名城氏は現在、近畿大学ボクシング部のヘッドコーチをしている。

「ドン・山根氏の元側近が道連れ自爆 WBA元王者“名城いじめ”告発」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    山根ってとことん極悪だな。人事権を握って脅すやり口は安倍晋三とそっくり。暴力団以下。

    6
  • 匿名さん 通報

    山根の狂いぶりはこれhttps://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/1090162/

    0
  • 匿名さん 通報

    名城も村田も奈良県人なのに、奈良判定どころか潰しにかかったやないか。

    0
  • 寄る猫 通報

    まいじつの記事で山根をヨイショしてたけど、理事連中も総辞職したんでしょ? ドンドン膿、出さないと。

    0
  • 匿名さん 通報

    TV観ててもトップとしての聡明さを微塵も感じない。山根のどこが「男」なんだ? 器のちっちゃいキャンキャン吠える小型犬じゃねぇかよ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!