2

【アイスリボン】フェリス出身の元銀行員でトリリンガル 雪妃真矢「私なら女子プロレスを変えられる」

2018年8月14日 16時30分

雪妃真矢

[拡大写真]

 女子プロレス「アイスリボン」の雪妃真矢が、業界のイメージ改革に燃えている。

 26日の神奈川・横浜文化体育館大会のメインでは、藤本つかさ(35)が持つICE×∞王座に挑戦する。決戦に向けて「あの腰からベルトを引っぺがしてやりたい。私がベルトを持つからこそできることがありますから」と力説した。

 フェリス女学院大出身の雪妃は、銀行員を経て2014年11月にプロレスデビューした異色の経歴を持つ。しかも英語と韓国語を操るトリリンガル。まさに天然ボケ以外は、美貌とインテリジェンスを兼ね備えたパーフェクトヒューマンだ。

 そのため「私なら女子プロレスを変えられるんです。いまだに女子プロに対して色眼鏡で見る人はいます。でもそれを変えさせ、女子プロを一般的な趣味の一つにします」ということが自らの役目と感じている。

 新人時代からメディア露出も多かったが、当時は十分アピールすることができなかった。だが今は違う。「『プロレスラーです』って胸を張って言える。だからベルトを取って、もっと女子プロをアピールしたいんです!」。才色兼備の挑戦者がビッグマッチの主役になる日が近づいてきた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【アイスリボン】フェリス出身の元銀行員でトリリンガル 雪妃真矢「私なら女子プロレスを変えられる」」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    キモっ。

    4
  • 匿名さん 通報

    AKBのメンバーも、グラビアアイドルも、プロレスをやる時代。相撲の土俵と同じとは、言わないが、リングも神聖なものだった、はず。非日常の言葉を吐いてみたい気持ちもわかるけど、あくまで試合ありきだから。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!