0

20歳のチチパスは11位のゴファンに敗れ1回戦敗退[ATP1000 シンシナティ]

2018年8月15日 18時30分

「ATP1000 トロント」でのチチパス

[拡大写真]

「ATP1000 シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月12~19日/ハードコート)の大会3日目、ステファノス・チチパス(ギリシャ)はダビド・ゴファン(ベルギー)との1回戦で5-7、3-6で敗れた。試合時間は1時間25分だった。
チチパスは現在、まだ20歳ながらも世界15位とトップ10入りを窺っており、ゴファンは一方で11位。小柄な体格ながら軽快なフットワークと優れたリターンを武器にするベースライナーだ。
試合では開始から、チチパスはより豊富な経験を持つゴファンに対して、サービスをキープし合いながら試合を運ぶ互角の展開を見せた。
その中で第1セットの山場となったのは終盤。第10ゲーム以降だった。チチパスはリターンに回った同ゲームで、ゴファンのアウトミスやネットミスから3ブレークポイントの大きなチャンス。しかし、ゴファンに巻き返しを許してデュースに持ち込まれると、結局チチパスはブレークには及ばなかった。
逆に続く第11ゲームでチチパスはアウトミスなどから2ブレークポイントのピンチ。サービスエースで1度はしのいだものの、続くポイントでチチパスのフォアハンドがネット。ブレークを喫してしまった。
第1セットについては、そのままゴファンのサービスゲームがキープとなり、チチパスは5-7と取りそこなった。
さらに第2セットでチチパスは第2ゲームでブレークし、1セットダウンから巻き返すかに見えた。が、続く第3ゲームのサービスを失ってスコアをイーブンに戻されると、中盤以降に再びピンチに。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「20歳のチチパスは11位のゴファンに敗れ1回戦敗退[ATP1000 シンシナティ]」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!