5

【柔道世界選手権】石井慧「ルールがコロコロ変わって判定が不可解に」

2018年9月25日 16時30分

【石井の慧眼】ここだけの話、言わせていただきます。女子70キロ級で2連覇を果たした新井千鶴(24=三井住友海上)の決勝は内股で技ありを取ってからの押さえ込みで合わせ技で決まりましたが、あの内股で一本でなかったら何が一本なのかと。男子90キロ級でも、長沢憲大(24=パーク24)におかしな判定がありました。今大会は判定について、何かこう、選手も戸惑っているし、審判にも煮え切らないものが多い気がしますね。

 柔道ではここ何年かでルールの改正が頻繁にありました。技のポイントで「効果」と「有効」がなくなって「技あり」だけになり、それまで「有効」だった技も「技あり」でいいみたいな風潮になって。何をもって「技あり」なのか、誰もわからなくなっている気がするんですよ。審判も反則を取らなきゃ、取らなきゃと焦っているみたいで。まるで「取らないと上からどやされる」みたいに見受けられますね。

 選手としては何も言える立場じゃないから、変わったルールの中でしっかりやらないといけない。でもこんな短い、わずか10年にも満たない間に、こんなにルールがコロコロ変わる競技は柔道しかないんじゃないですかね。それはちょっと…と思いますね。

 まあ、IJF(国際柔道連盟)会長の言われた通りにやって、保身に走っている人もいるのかなと。でも柔道が好きで柔道の世界に残っているなら「戦おうや」となるもんだと思いますけれど。判定に関しては何か納得いかない大会になっていますね。(北京五輪100キロ超級金メダリスト、格闘家)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【柔道世界選手権】石井慧「ルールがコロコロ変わって判定が不可解に」」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    今の競技は柔道ではなくてJUDOだから

    7
  • 匿名さん 通報

    畳の色とか柔道着にスポンサーのロゴが入るとか、技ではなく相手を力でねじ伏せようするらしい、世界柔道連盟の本部は日本に置くべきだが欧州に設立した時点で商業化は避けられない。

    3
  • 匿名さん 通報

    国際柔道連盟「ルール変更が適切かどうか判定するルールをつくりました」 選手「orz・・・」

    2
  • 匿名さん 通報

    以前から、日本に不利な方向へどんどんルールが曲げられてる。柔道の心ここにあらず。

    1
  • 匿名さん 通報

    いまや、ルールが、良くわからなくなりました❗

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!