0

日米野球メンバーから外れた意外な選手、侍ジャパンに縁遠い選手

2018年10月10日 21時00分

 11月9日から行われる4年ぶりの日米野球の出場メンバー28選手が発表された。巨人・岡本、西武・森ら期待の若手数人が初選出。2年後に迫る2020年東京五輪での金メダルを目指す稲葉ジャパンの一員として、フレッシュな顔ぶれとなった。

・合わせて読みたい→
丸、浅村だけではない FA市場で争奪戦になり得る「意外な伏兵」とは(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-can-be-a-battle-in-the-fa-market/)

 一方で、メンバーから漏れた実績十分な選手も多い。選出には選手のコンディションや将来性も加味されている。巨人・菅野は8月に発表された先行メンバー6人に選ばれていたが、コンディション不良により辞退となった。他にも数多い選考漏れ選手を、今季成績とともに紹介したい。

■広島・丸佳浩 打率・306、39本塁打、97打点
2年連続MVPに推す声も多い広島の主砲は、またも声が掛からなかった。

■西武・浅村栄斗 打率・310、32本塁打、127打点
こちらもパ・リーグのMVP候補。3月の強化試合では稲葉ジャパンに呼ばれたが、今回は落選。
外野手の丸とともに当てはまるのは、守備位置に競合するライバルが多いこと。特に浅村が守る二塁はレギュラーに菊池涼介がおり、3度目のトリプルスリーで復活した山田哲人もDHか三塁に回ることが有力視されるほど。

■DeNA・宮崎敏郎 打率・319、28本塁打、71打点
こちらも代表トップチームの経験はなく縁遠い。代表の三塁は手薄で、今回もチームでは他の位置が中心だった巨人・岡本、西武・外崎らがこなす程度ではるのだが。

「日米野球メンバーから外れた意外な選手、侍ジャパンに縁遠い選手」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!