0

フェデラー、接戦を制して3回戦突破。準々決勝では錦織と1年9ヵ月ぶりに対戦[ATP1000 上海]

2018年10月11日 21時23分

「ATP1000 上海」でのフェデラー

[拡大写真]

「ATP1000 上海」(中国・上海/10月7~14日/ハードコート)の大会5日目、男子シングルス3回戦で第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が世界28位のロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を6-3、2-6、6-4のフルセットで破り、準々決勝進出を決めた。試合時間は1時間52分。
勝利したフェデラーは準々決勝で錦織圭(日本/日清食品)と対戦する。両者は過去7回対戦していて、フェデラーの5勝2敗。昨年の「全豪オープン」以来1年9ヶ月ぶりの対戦となる。
「ATP1000 上海」で2014年と2017年に優勝を飾っているフェデラーは、ディフェンディングチャンピオンとして同大会に臨んでいる。フェデラーは初戦となった2回戦では、前週の「楽天ジャパンオープン」で優勝を飾っていたダニール・メドベージェフ(ロシア)に苦戦するも、勝利し3回戦進出を決めていた。
試合は第1セット、フェデラーのサービスゲームからスタート。第4ゲームでフェデラーは長いラリーを制して、ブレークに成功。ゲームカウント3-1とリードを広げると、そのまま盤石のプレーでキープを重ね第1セットを先取した。
続く第2セット、第1ゲームから激しい打ち合いの末、フェデラーがブレークに成功。しかし、第2・4ゲームとフェデラーはブレークを喫する。さらにゲームカウント2-5で迎えた第8ゲームでもフェデラーはブレークされ、試合はフルセットにもつれ込む。

「フェデラー、接戦を制して3回戦突破。準々決勝では錦織と1年9ヵ月ぶりに対戦[ATP1000 上海]」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!