0

船も美術館も花火も「世界一美しいスタバ」も!富山No.1の観光地環水公園ガイド

2018年1月14日 16時00分 (2018年1月17日 11時03分 更新)
2015年に北陸新幹線が開業してから、観光が好調の富山県。その県内で最も観光客の多い施設は、環水公園という公園になります。世界一美しい「スタバ」があり、2017年には見事な美術館がオープンしたと過去記事『「世界一美しいスタバ」も近所!立山一望の富山県美術館が楽しすぎる』でも紹介した公園ですね。



そこで今回は富山県在住にして、環水公園の比較的近所に住む筆者がその魅力をまとめたいと思います。


スタバに船に美術館!環水公園の見どころは?


そもそも環水公園とは略称。正式には富山県富岩運河環水公園と呼び、富山県の玄関口である富山駅の北口近くに広がる大きな親水文化公園になります。見どころは主に3か所で、

・スターバックス富山環水公園店
・富山県美術館
・富岩水上ライン

になります。環水公園の「スタバ」は世界一美しいとして、同社の株主優待券に店舗の写真が掲載された歴史を持つ、コンセプトストアになります。過去記事『月に32回通うマニアが教える!「世界一美しいスタバ」富山環水公園店の魅力』でも取り上げましたね。

富山県美術館はデザインとアートを融合させた美術館で、2017年3月の一部開館以来、既に70万人以上を集めている人気の美術館になります。

富岩水上ラインは、親水公園である環水公園の船だまりと運河のクルーズを楽しむプログラムで、最長のコースでは富山湾まで続く片道1時間の船旅を楽しめます。行きは船、帰りは路面電車に乗って環水公園に戻ってくるなど、自由な楽しみ方ができるショートトリップが人気となっています。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!