0

【日常からの小さな逃避行】コーヒー1杯の料金で利用できる、秘密の隠れ家

2018年1月17日 12時00分 (2018年1月20日 11時43分 更新)


家と仕事の往復だけでなく、日常から離れて旅に出たい。誰もが常に願います。そう望んでも、早々簡単に休みは取れませんね。でも、日常から少し距離を置くことは出来るかもしれません。

人間は時々隠れ家が必要になるものです。仕事や考え事があって自宅から出ても、駅前のコーヒーショップやカフェは満席だったり、落ち着かなかったり。出来るだけ静かで、落ち着く場所はないのかな。そんなあなたにぴったりな隠れ家が、コーヒー1杯分で1日利用できます。ちょっと、見逃せない情報ですよね。

落ち着く和風の民家

(2階 コンセントレートシート 1名用)

おばあちゃんか親戚の家みたいな、和風の民家が「ivyCafe NEIGHBOR&WORK 町屋」。マンションやアパート暮らしの生活ゆえ、最近触れる機会の少なくなった和風の暮らし。日常から離れた小さな旅が始まります。筆者もこんな場所で、作家の先生みたいに記事を書いてみたいですね。良い記事が生まれるかも(笑)?

パソコンを持ち込んで、じっくり旅の計画を練るのも良し、仕事をするのも可能。シェアオフィスより、かなり安あがりです。

下町にあるロケーション

東京町屋にある木造2階建ての古民家


(C) (公財)東京観光財団

下町風情の残る下町の荒川区町屋にあります。いちど足を伸ばしてみたいと思っていたエリアかもしれませんね。大手町から10分、東京駅から20分、池袋駅から25分、新宿駅から30分程度。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!