0

伝統芸能と日本食を堪能! 新感覚の劇場型レストランが日本橋にオープン

2018年3月17日 19時00分 (2018年3月23日 17時34分 更新)

店舗イメージ   

伝統芸能や和食など魅力あふれる日本の文化。それらを五感を使って楽しめるニュースポットが日本橋に誕生します。劇場型レストラン&ラウンジ「水戯庵(すいぎあん)」は、日本最古の芸能である能楽をはじめとする日本の伝統芸能とともに、寿司、お酒、お茶、甘味を堪能することのできる新感覚の劇場型レストランなんです!

日本の伝統芸能とともに名店の味を楽しめる「水戯庵(すいぎあん)」

公演イメージ

福徳神社に隣接し、江戸から明治にかけて隆盛を誇った「料亭百川」の由来の地にオープンする「水戯庵(すいぎあん)」。「日本を嗜み愉しむ」を基本コンセプトとした劇場型レストラン&ラウンジを手がけるのは、累計810万人を魅了したアートアクアリウム アーティスト・木村英智。巧緻を極めた伝統芸能の要素を取り入れた室礼となっている艶やかで粋な店内の中央には舞台を設置し、能や狂言、日本舞踊をはじめとする伝統芸能を毎日楽しむことができるんです。

提供メニュー(イメージ)

そして、伝統芸能と一緒にお食事も。ディナータイムは、現存する最古の江戸前寿司処「すし栄(えい)」による江戸前寿司、大阪寿司、茶巾寿司のコース料理。ティータイムは、京菓子の老舗「老松(おいまつ)」「亀末廣(かめすえひろ)」の甘味とともに、京都の老舗茶舗「福寿園(ふくじゅえん)」のお茶をいただけます。伝統芸能を鑑賞しながら日本が誇る和食に舌鼓を打つ贅沢なひとときはここでしか味わえないはず。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!