1

機内で1人は被害者に!?「ロスト・バゲージ」の対処法と防止策

2018年5月17日 07時30分
ロスト・バゲージに関しては、空港スタッフではなく、手荷物引き渡し用の旋回式コンベアー周辺に控えている航空会社の係員に声を掛け、手荷物引換証を見せて対応をお願いすればいいのですね。


預け入れる荷物には名札や目印を付けておく


ロスト・バゲージを航空会社の係員に申し出ると、その場で捜索がスタートします。荷物の特徴を係員から聞かれ、場合によってはチャートと呼ばれる写真一覧表で荷物をチェックするケースもあるのだとか。

その際、自分の荷物に分かりやすい特徴があれば、航空会社の係員も捜索しやすいですし、こちらも伝えやすいはず。日本の空港ならまだしも、海外の空港で荷物が届かなかった場合は、外国語で説明しなければなりません。ベルトを巻き付けるなど、外国語でも説明できるような、分かりやすい特徴を荷物に持たせておきたいですね。



また、スーツケースにネームタグが付いていれば、どこかの国に運ばれた自分のスーツケースから管理用バーコードのタグが取れてしまっても、持ち主発見の手掛かりになります。

思えば、かつて海外取材で一緒になった元国際線のCAの方も、荷物預け入れのカウンターで配布されている紙製のネームタグを同行者全員に配っていました。「ロスト・バゲージの対策をしなさい」というメッセージだったのかもしれません。

「ちょっとダサい・・・」、「個人情報をさらしたくない」という人も居るかもしれませんが、荷物を受け取ったらすぐに外せる簡単なネームタグでも構いません、取り付けておいた方が良さそうですね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「機内で1人は被害者に!?「ロスト・バゲージ」の対処法と防止策」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    荷物は乗り継ぎの際になくなる可能性が高いので、評判の悪い空港で乗り継ぎをしない。乗り継ぎ時間に余裕を持たせるなどの対策をしています。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!