0

タイ・バンコクのショッピングセンター「ターミナル21」がいろいろスゴイ件

2018年6月12日 21時30分
プチプラから高級まで、数々のショッピングセンターがひしめき合う買い物天国、バンコク。

バンコクに数あるショッピングセンターのなかでも、独自のコンセプトで不動の人気を誇るショッピングセンターがあります。

それが、BTSアソーク駅とMRTスクンビット駅に直結している「ターミナル21」。



BTSとMRTが交わる場所という立地の良さに加え、さまざまな仕掛けが施されたターミナル21は、単なるショッピングスポットというよりも、それ自体が観光スポットと化しています。

・世界旅行気分を味わえるショッピングセンター



「ターミナル21」という名称からもうかがえる通り、コンセプトは「空港」。確かに、天井の高いガラス張りの開放的な空間は空港を思い起こさせます。



さらに、各フロアの上りエスカレーター前には「Departure」、下りエスカレーター前には「Arraival」の看板が設けられていて、国際空港に迷い込んだかのような気分に。

しかも、各フロアは世界の主要都市や地域をテーマに造られているため、フロアごとに受ける印象がまったく違います。



その土地をイメージした巨大なオブジェが配置されているばかりか、トイレまでがそのテーマに沿って、凝ったデザインが施されているのです。

ターミナル21の館内をただ歩いているだけで、ちょっとした世界旅行気分。これといって買い物の目的がなかったとしてもじゅうぶん楽しめます。

・LGフロア(カリビアン)



ターミナル21のショッピングエリアの最下層にあたるのが、LGフロア。

「タイ・バンコクのショッピングセンター「ターミナル21」がいろいろスゴイ件」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!