0

田舎のおばあちゃんちのように|たったひとつを叶える旅 <4>

2018年6月13日 12時00分


旅の目的は「たったひとつ」で良い

旅の目的は「たったひとつ」が潔いと思いませんか。

あれもこれもと盛りだくさんは、大人には野暮というもの。情報が氾濫している現代だからこそ、余計なものは削ぎ落として、自分の「たったひとつ」を選び取るのが粋。旅の荷物はシンプルに、期待だけを詰めて。

私たちがまだ訪れたことのない、未知の場所や絶景。
笑顔で迎えてくれる、あたたかい地元のひと。
生産地ならではの、新鮮で美味しいもの。

珠玉のように散らばる日本各地の魅力を発信する「ONESTORY(ワンストーリー)」。「ONE=1ヵ所」を求めて日本を旅するメディアから、私たちの「たったひとつ」が見つかりそうです。

夏の思い出が詰まった「田舎」という場所


子供の頃に辛いことがあって泣いて帰ると、安心して甘えられる胸や膝がありましたよね。おばあちゃんだと理由も聞かずに味方になってくれました。

懐かしい田舎の情景。そこには、夏の思い出がいっぱい詰まっていました。

眼にしみるような、緑の田んぼ。
ミンミン鳴く蝉の声。
ほどよく冷えたスイカ。
食べきれないほど茹でてくれた、おそうめん。
お昼寝の時、扇いでくれたうちわの風。
微風に揺れる、蚊取り線香のけむり。
ゆっくり時間が過ぎてゆく、夏の午後。
その一時は、永遠にあるかのように長く感じたものです。

田舎のおばあちゃんちの朝ごはん


ちゃぶ台はおばあちゃんの存在のように、皆が集まれる家の中心。

夏の香りがする、おばあちゃんちの朝ごはん。

「田舎のおばあちゃんちのように|たったひとつを叶える旅 <4>」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!