0

ドレスデンの老舗「クロイツカム」で本場ドイツのバウムクーへンを楽しもう

2018年7月12日 21時30分
ドイツのお菓子と聞いて、バウムクーヘンを思い浮かべる人は多いことでしょう。

「Baum(木)」+「Kuchen(ケーキ)」という名の通り、切り株の年輪のような見た目は日本でもおなじみですね。

ところが、ドイツではバウムクーヘンは限られた職人だけが作ることを許された特別なお菓子。デパ地下やスーパー、コンビニなど、巷にバウムクーヘンがあふれている日本とは違って、どこでも買えるお菓子ではありません。



ドイツでは、国立菓子協会によってバウムクーヘンの定義が決められていて、「ベーキングパウダーは使用しない」「油脂はバターのみ」といった基準をクリアし、伝統的な製法で作られたもののみが、本物の「バウムクーヘン」と認められます。

ドイツ式のバウムクーヘンを焼くためには職人の高度な技術が求められるだけでなく、専用のオーブンも必要です。そのため、「バウムクーヘンの本場」と思われているわりに、地域によってはめったにバウムクーヘンを見かけることがなく、バウムクーヘンを食べたことがないというドイツ人も存在するくらいです。

ドイツにおけるバウムクーヘン発祥の地とされるのが、ドイツの北東部ザクセン=アンハルト州の町、ザルツヴェーデル。



それもあってか、バウムクーヘンで有名なコンディトライ(スイーツショップ)は、北ドイツや東ドイツが中心で、南ドイツや西ドイツででバウムクーヘンを見かけることはあまりありません。

バウムクーヘンで知られるコンディトライのひとつが、1825年にドレスデンで創業した「クロイツカム」。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ドレスデンの老舗「クロイツカム」で本場ドイツのバウムクーへンを楽しもう」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!