0

今注目が集まる、神秘的な絶景に出会えるミャンマーってどんな国?

2018年7月13日 16時00分


「アジア最後のフロンティア」と呼ばれるミャンマー。ひと昔前は旅行がしづらい国でしたが、現在では外国人が訪れることのできる場所も増え、日本からの旅行者も増加しています。

いま注目のミャンマー旅行。ミャンマーの基本情報や、早ければ2019年に世界遺産に登録される可能性のあるバガンなど、ミャンマーを代表する見どころをご紹介します。

ミャンマー基本情報



ミャンマー(正式名称:ミャンマー連邦共和国)は、中国、タイ、ラオス、インド、バングラデシュと国境を接する東南アジアの国です。

面積は日本の約1.8倍にあたる68万平方キロメートル。国土が南北に長いため、エリアによって気候が大きく異なるのが特徴です。



人口は約5140万人(2014年)。ミャンマーはアジアでも有数の多民族国家で、人口の6割を占めるビルマ族に続き、カレン族やカチン族、モン族、シャン族など、異なる文化をもつさまざまな民族が共存しています。

公用語はビルマ語ですが、ミャンマーを構成する民族のなかには、独自の言語をもつ民族も少なくありません。



ミャンマーといえば、敬虔な仏教の国というイメージがあるかもしれません。確かに、国民の約9割が信仰するのが上座部仏教を信仰する仏教徒ですが、キリスト教徒やイスラム教徒などもおり、ミャンマーは日本で一般に思われているよりも多彩な文化をもつ国です。

通貨はチャット。日本円が両替できる場所は限られるので、あらかじめ米ドルを用意していくことをおすすめします。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「今注目が集まる、神秘的な絶景に出会えるミャンマーってどんな国?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!