0

映画「めがね」ロケ地巡礼。世界一”たそがれ”が似合う場所「ヨロン島」

2018年7月14日 12時00分


「電波の届かない場所に行きたかった・・・」独特な世界観と映像美で、疲れた現代人の心を充電する癒し系映画「めがね」。撮影地であるヨロン島には、今も多くのファンたちが訪れます。実は筆者もそんな ”めがね女子”の一人。映画の軌跡をたどると共に、撮影時のエピソードも伺って参りました。いざ、たそがれの旅へ!

この道はハマダヤに通ず!?「コーラルウェイ」



ヨロン空港横にある、真っ白い珊瑚でできた細長い一本道。主人公タエコ(小林聡美)が、サクラさん(もたいまさこ)の自転車のうしろに乗ってハマダヤに帰るシーンが撮影されました。印象的なので、見覚えのある方も多いのではないでしょうか?

サクラさんの自転車にあなたも乗れる!「サザンクロスセンター」



ヨロン島を知りたければ、まず最初に訪れるべき資料館。歴史や文化、暮らしに自然など様々な展示物が飾られています。



1Fの映画「めがね」コーナーには、実際に撮影で使われた自転車が。フロア内であれば自転車を乗り回してOKとのこと、ファンにはたまりません。

マリン・パレスこと「星砂荘」



薬師丸ひろ子さん扮するエキセントリックなオーナー森下が経営するホテル「マリン・パレス」。その撮影地が民宿「星砂荘」です。

過去には民宿の壁をスクリーンにし、プロジェクターで「めがね」を上映するイベントも行われたそう。星空の元楽しむ野外上映会、ぜひ復活してほしいものです。

オーナーに聞きました!撮影秘話

映画「めがね」の撮影は約1ヶ月かけて行われたそうです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「映画「めがね」ロケ地巡礼。世界一”たそがれ”が似合う場所「ヨロン島」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!