0

【京都】心を奪われる重厚感!名物ウィンナー珈琲で寛ぎたい純喫茶「築地」

2018年7月17日 12時30分


別世界のような雰囲気漂う、創業昭和9年の老舗純喫茶


京都屈指の繁華街、四条河原町。大通りから少し入った細い路地に「築地」は佇みます。多くの観光客で賑わうこのエリアにおいて、まるで時が止まったかのようなノスタルジックな外観が印象的。



ドアを開けるとまず目に飛び込むのは、西部劇に登場しそうなウェスタンな開き扉。床には独特の色彩が美しいタイル。これは泰山タイルと呼ばれるもので、大正時代や昭和30年代頃までに製作された現在では大変貴重なタイルなのだそう。

古き良き時代を想わせる、華麗な空間


外観だけでなく店内も重厚感たっぷり。赤いベルベット張りの椅子、琥珀色のランプが華麗な雰囲気によく映え、まるでタイムスリップしたかのような気分に。



所狭しとアンティークや調度品が飾られ、古き良き時代の香りたっぷり。



年季の入ったガラス戸棚にはクラシックレコードがズラリと収納。

コクとまろやかさが心まで染みる、ウィンナー珈琲


せっかくなのでここは名物のウィンナー珈琲(650円)をいただいてみましょうか。店内にはクラシックが流れ、なんとも優雅なひと時に。



やや濃い目に淹れられた珈琲にクリームがまろやかさをプラス。植物性のコーヒーフレッシュしか手に入らないような終戦直後、初代があえて本物にこだわって純正クリームを使用したのがはじまりなのだとか。別世界のような雰囲気で味わう一杯は、心まで染みるおいしさです。

ノスタルジックで優雅な時間が流れる「築地」。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【京都】心を奪われる重厚感!名物ウィンナー珈琲で寛ぎたい純喫茶「築地」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!