0

何を「ムダ毛」とするかは各国様々。世界のムダ毛処理事情をのぞいてみよう

2018年7月17日 10時00分


夏に向けてこの先肌の露出が男女ともに多くなる季節。日本で「ムダ毛処理」といえば女性向けの言葉としてとられがちですが、世界では男女共にムダ毛を処理する文化が存在します。しかし何を「ムダ毛」とするかは世界各国で様々。シェービングの歴史とともに、世界のムダ毛処理事情を見ていきましょう。

人類はいつもムダ毛と戦ってきた!?シェービングの歴史


男女共に、毛を剃るという文化が生まれたのは古代エジプト時代にまで溯ります。当時の貴族は貝殻で作った毛抜きを使ったり、蜜蝋と砂糖を混ぜたワックスで脱毛したりする処理方法だったそう。清潔さと美しさのために眉毛以外の毛を全て処理していたというから驚きです。

その後時が経つにつれて男性は清潔さを保つことに加えて、社会的地位の象徴として、また戦いの際に敵に毛を掴まれ不利にならない様に処理をするという文化が生まれました。



近年では有名俳優やスポーツ選手などが鍛え上げられた筋肉をより美しく見せるために余計な体毛を処理し、その姿が世界各国で宣伝されたことから、男性も美意識と清潔さを保つためにムダ毛を処理するようになりました。



女性のムダ毛処理の文化は常に美しさと結びついてきました。処理をすべきとされたパーツは時代によって変わっていきましたが、近年のムダ毛処理の考えが定着したのは一般家庭で使えるカミソリが普及した1910年代後半、シェービングの大手メーカーが打ち出した女性のための「反脇毛キャンペーン」から始まったと言われています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「何を「ムダ毛」とするかは各国様々。世界のムダ毛処理事情をのぞいてみよう」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!