2

あなたも知っておいた方がいい、世界の悲しいトイレ事情。トイレは世界を救う!

2018年8月11日 15時00分

(c)UNICEF

日本国内の旅行ならあまり心配することがないトイレ事情。でも海外旅行だと国によっては要注意です。先進国では日本と同様にちゃんとしたトイレがありますが、実は予想を超えてひどい状況の国や地域もまだまだあるらしいんです。

住宅設備の大手リクシルがユニセフ(国連児童基金)とタッグを組んで、トイレで世界を救う活動を始めました。

世界の悲しいトイレ事情!
リクシルとユニセフが「世界の衛生課題解決に向けた新グローバルパートナーシップ締結」について発表会を行いました。その冒頭で、まだまだ酷い世界のトイレ事情について教えてもらいました。


(c)UNICEF

世界では23億人が安全で衛生的なトイレを使っていない。
なんと、世界の全人口の1/3が、安全で衛生的なトイレへのアクセスがないそうなんです。どうしているかというと、川・池・湖や、森の中に入って用を足すということになってしまうそうで、野生動物に襲われたりすることもあるそう。特に女性は暴行を受けてしまうこともあるので集団で時間を決めて排泄に出かけたりするそうです。

毎日800人の5歳以下の子供がトイレがないために亡くなっている
トイレがなくて不衛生な状態で病気にかかり、亡くなってしまう子供は2分に1人いるということです。体の弱い子供が一番の犠牲者になっています。

トイレがなくて学校に行かなくなってしまう
学校にトイレがないために、特に女子生徒は学校に行くことさえあきらめてしまう場合も多いそうです。

「あなたも知っておいた方がいい、世界の悲しいトイレ事情。トイレは世界を救う!」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    ニーハオトイレが世界の最先端お洒落です。

    0
  • 匿名さん 通報

    知らなくて考えも及ばなかった・・恥ずかしいですね。 健康で生きる基礎ですね

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!