0

つら~い時差ボケにならない予防策と、なってしまったときの対処法8つ

2018年8月12日 07時30分


海外旅行に出かけたら、時差ボケになってつらかったという経験はありませんか?重い時差ボケにかかってしまうと、日中も眠くてたまらない、身体がだるい、胃が重いといった症状が出て、せっかくの旅行の100パーセント楽しめなくなってしまうもの。

つら~い時差ボケにならないようにするためには、旅行前からの対策が効果的なんです。

そもそも時差ボケとは?


「時差ボケがつらくて・・・」などと、何気なく使われることの多い「時差ボケ」。そもそも時差ボケとは、体内時計と現地時間のあいだにズレが生じることで身体に負担がかかり、一時的な不調が生じることをいいます。

時差ボケは、5時間以上の時差がある場所に移動したときに起こりやすく、その症状は西へ飛行したときよりも、東へ飛行したときに強くなるといわれています。

具体的な症状は、睡眠障害(夜眠れない、眠りが浅いなど)や日中の強い眠気、倦怠感や疲労感、食欲不振など。

海外旅行にはつきもの」と軽く考えられがちな時差ボケですが、工夫しだいで結果は大きく違ってきます。続いて、時差ボケの予防策と対処法をお伝えしましょう。

旅行前に十分な睡眠をとる


できるだけ時差ボケにならないようにしたいとき、その対策は、旅行前からすでに始まっています。

まず、旅行前は無理をせず、十分な睡眠をとって身体を休ませておくことが肝心。出発前から睡眠不足になっていると、時差ボケの症状が強く出やすくなります。旅行前はできるだけ規則的な生活を心がけ、身体を休ませてあげましょう。

「つら~い時差ボケにならない予防策と、なってしまったときの対処法8つ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!