0

バターなのに身体にいい!?「最強のバターコーヒー」を飲んでみた

2018年8月17日 18時00分


「バターコーヒー」ってご存知ですか?名前だけ聞くと、バターが入ったコーヒー?と思いますが、実は身体にいいという話なのです。日本で唯一のバターコーヒーの専門店があると聞き、今回は訪れてみました。バターが入ったコーヒーってどんな味なの?

「バターコーヒー」とは?



バターコーヒー専門店はその名も「最強のバターコーヒー」。名前からしてインパクトがありますね。現在は、代々木と池袋の2店舗を構えています。今回訪れたのはテイクアウトのみの代々木店です。池袋店はイートインもあり、ドリンク以外のメニューもあるそう。



注文する前に、初めての方にはバターコーヒーについて説明をしてくれます。まずこれを読んで説明してもらいましょう。最強のバターコーヒーは、良質なグラスフェットバターと、MCTオイル、そしてこだわりのドリップコーヒーをブレンダーでしっかりミックスさせて作られています。バターコーヒーには様々な効果があるそうですが、詳細はホームページ(http://www.buttercoffee.shop/about/)をご覧くださいね。



メニューはこんな感じ。コーヒー以外にも紅茶やルイボスティー、カフェインレスコーヒーなどもあるそう。プレミアムなどもあるようですが、今回は一番ベーシックな「最強のバターコーヒー」にしました。MCTオイルはお腹がゆるくなることがあるとのことで、今回は初めてのバターコーヒーなので一番量を少なくしました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「バターなのに身体にいい!?「最強のバターコーヒー」を飲んでみた」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!