0

有効期限内でも旅行中止に!?気をつけたいパスポートの残存期間とは?

2018年9月15日 07時30分


海外旅行の計画を立てるとき、パスポートの有効期限をチェックしますよね?

ところが、実はそれだけでは不十分なのです。というのは、パスポートの有効期限が足りていても、渡航先が求める残存期間に満たないと旅行ができないという事態が発生することがあるからです。

「残存期間」って何?どこに気をつければいいの? ― 盲点になりがちなパスポートの残存期間について、詳しく解説します。

パスポート有効期限内でも旅行中止!?


海外旅行をする際、ほとんどの人がパスポートの有効期限を確認するはずです。旅行終了予定日までに期限が切れるようであれば、パスポートの更新、あるいは、まだパスポートを持っていない人は新規に取得することになりますね。

しかし、旅行終了予定日がパスポートの有効期限内に収まっていたとしても、旅行を中止せざるを得なくなってしまうこともあります。

それは、外国人が自国に入国するにあたって、一定のパスポートの残存期間を要求する国が多数存在しているからです。

「残存期間」とは、パスポートの有効期限を迎えるまでの期間のこと。パスポートの有効期限が2019年6月だとすると、2019年10月の時点での残存期間は8カ月となります。

パスポートの残存期間が足りず出国できない!


ときどき、「パスポートの有効期限は確認していたけれど、残存期間のことは知らず、旅行ができなかった」という話を耳にします。

筆者の知人にも、パスポートの有効期限は数ヵ月先だったにもかかわらず、渡航先の国が指定する残存期間に満たなかったため、日本を出国できず、旅行が中止になってしまった人がいました。

「有効期限内でも旅行中止に!?気をつけたいパスポートの残存期間とは?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!