0

イギリスBBCが「Tsundoku=積んどく」を紹介。世界で通じる日本語とは?

2018年9月16日 07時30分


「Tsundoku=積んどく」がイギリスでも使われています。
イギリスのBBCが、「Tsundoku=積んどく」を紹介しました。日本人なら説明が不要なこの言葉、英語だと「The art of buying books and never reading them=本を買っておいても読まないというアート」だそうです。



イギリスのCollinsは歴史ある辞書の出版社。Web版で「Tsundoku」を調べてみると、こちらにも乗っていました。まさに、本を買っても決して読まずに部屋に積んでおくという行動だそうです。日本人なら、説明は不要ですよね。

日本人は「積んどく」の「どく」の部分が「読書」の「読」と掛けてあることがわかりますがBBCの記事でもCollinsの辞書にも、それについては書かれていませんでした。

このTsundoku、BBCの記事ではネガティブに捉えられているというよりは、そういうのあるよねといった共感といった書きぶりです。英語にもなったということは、外国の人たちにも共通した習性ということのようです。
最近の日本語由来の英語。
Tusndoku以外にも、海外で使われる日本語由来の言葉があります。新しめのものだと。。。
Bokeh=ボケ


写真撮影で使われます。写真の焦点があっていなくてボケている部分のこと。「いいボケが出ている」などど、写真好きやプロの写真家が使います。
Suudoku=数独
言わずと知れた9X9のマスに数字をいれて、ある規則通りに並べるというゲーム。

「イギリスBBCが「Tsundoku=積んどく」を紹介。世界で通じる日本語とは?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!