2

2018年の中秋の名月は9月24日。世界中の人が見上げる月は同じ姿なの?

2018年9月24日 07時30分


秋はいつにも増して月が輝く季節。夜空を見上げる機会も多くなります。ふと気になったのは、月は、遠く離れたところから見ても、同じなのかどうかということ。さっそく調べてみました。

どこにいても見えている範囲と形は同じ



月は常に表側だけが見えていると、みなさん聞いたことがあると思います。裏側は地球からは見えないと。実際、地球のどこにいても、月の見える範囲は一緒です。それは月がとても離れたところにあるからだそう。海外に行ったときに、いつもと模様が違って見えたとしても気のせいだということになります。

また、月の形も同じです。世界のどこにいても、この一瞬に見えている月の満ち欠けの度合い(月齢)は同じものです。それは月齢が、太陽と地球と月、この三者の位置で決まるからです。

つまり、世界中どこにいたとしても、そこから見上げる月は同じ形、同じ模様です。


月の向きと方角が違う



しかし、違うものもあります。それは、向きと方角。

日本で見えている月の向きを基準にすると、赤道のあたりでは90℃回転していて、南半球では逆さになります。南半球の三日月の形は、日本で見えるものと上下左右が逆になっています。

また、日本では南側の空を見上げると月がありますが、南半球では北側の空に月があります。どちらでも、月は東から出て西から入るのですが、南を通るか北を通るかという違いがあるのです。

日本国内でも、月の出と入りの時刻は各地で違うので、方角は同じ時刻でも微妙に違うでしょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「2018年の中秋の名月は9月24日。世界中の人が見上げる月は同じ姿なの?」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    夜道を歩きながら子供の言葉「お月さんがあとをついてくるよ。うちに来てこんばんはって言うかな?」

    1
  • 匿名さん 通報

    90度「C」?ww

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!