0

新米銘柄の食べ比べ体験もできるお米イベントが3都市で開催中!【OKOME STORY MUSEUM】

2018年10月12日 18時00分


ほっかほかのごはんが美味しい、新米の季節がやってきました!日本の国民食である、お米をテーマにしたイベント「OKOME STORY MUSEUM」が東京・スパイラルガーデンを皮切りにスタート。順次、大阪、名古屋の三都市で開催されます。ここでは、日本各地の銘柄米に関する展示や、銘柄新米の食べ比べ体験を通して、お米の魅力に親しむことができるんです。

お米は何銘柄か常備しておくのがおすすめ


東京でのイベント初日には、同会場にてトークイベントなどが行われました。お米の魅力を追求するお米ライターの柏木智帆さんは「自分好みの美味しいお米を選ぶことが大事。お米は一度に大量に買うより、量り売りしているお米屋さんで、好みを伝えて何銘柄か買うのがおすすめ。いろんな品種を試してみてほしい」と話し、「2ndライス、3rdライスを常備して“今日はこのお米を食べよう”と主食であるお米を中心に選んでみて」と提案。

また、「故郷のお米や、旅先や外国で買ったお米を食べながら、想いを馳せて楽しんでほしい」とお米との出会いの大切さを語りました。

銘柄炊き分けプログラムを開発したライスレディの苦悩

続いて、パナソニック炊飯器の新商品、スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「Wおどり炊き」を開発した、炊飯科学のプロ“ライスレディ”の塚原さんが登壇。この炊飯器は、50銘柄ものお米それぞれ異なる味や食感に合わせた「銘柄炊き分けコンシェルジュ」機能がついているのが特長です。

「新米銘柄の食べ比べ体験もできるお米イベントが3都市で開催中!【OKOME STORY MUSEUM】」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!