0

松下優也、若君の兄役で出演『アシガール』唯の味方になるか?

2017年9月29日 12時00分 (2017年10月2日 15時32分 更新)
松下優也が、黒島結菜主演の土曜時代ドラマ『アシガール』(NHK総合、毎週土曜18:05)に出演。9月30日の放送で、主人公の速川唯(黒島)が恋する若君・忠清(健太郎)の腹違いの兄・成之役で登場する。松下は、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の岩佐栄輔役で出演するほか、ボーカル&ダンスグループ「X4」でも活躍する注目のイケメンだ。

本作は、『ごくせん』『デカワンコ』で知られる森本梢子による人気コミックが原作で、脚力だけがとりえの女子高生・速川唯が、主人公。ある満月の夜、発明好きの弟の尊(下田翔大)が造ったタイムマシーンで、唯が戦国時代にタイムスリップしてしまう。そこで出会った若君・忠清に一目惚れ……。恋から生まれたデタラメなパワーは出会う者を動かし、愛する人を変え、やがて戦国時代を揺るがせてゆくという“時代劇”の枠を超えたエンターテインメント時代劇だ。

第1話で、タイムスリップで戦国時代の合戦の野原に放り込まれてしまった唯は、混乱しつつも、必死で足軽隊に混ざり、「唯之助」と名乗る。そんな唯の前に、現れた若武者に一目惚れ。彼こそが、戦国大名羽木(はぎ)家の嫡男、羽木九八郎忠清だった。なりゆきで、百姓として女手一つで二児を育てる吉乃(ともさか)のもとに身を寄せた唯の運命は……。

[あらすじ]足軽・唯之助として日々を過ごす唯だが、羽木家の若君・忠清に会えず落胆していた。そんなとき、家老の天野家と千原家の、家来どうし「かけくらべ」の話が耳に入る。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!