0

九州から関東 急な強い雨や雷雨に注意

2017年3月2日 08時09分 (2017年3月3日 14時49分 更新)

今日は九州から関東にかけて大気の状態が不安定。雨雲や雷雲が発達しやすい状況。いま雨が降っていなくても、傘を忘れずに。

      

今日は、2つの低気圧が日本海と本州の南岸をそれぞれ通過します。さらに、九州から関東にかけての上空に、この時期としては強い寒気(5500m付近に氷点下30度以下)が流れ込んできています。地上と上空の気温の差が大きくなるため、雨雲や雷雲がいっそう発達しやすくなります。


九州は午前 中国・四国・近畿は一日中 東海・北陸・関東は午後

九州から関東にかけて、雨の所もあれば、晴れている所もあったりと、天気の分布はまばらになっています。いま晴れている所でも、急に強い雨が降り出すおそれがあります。傘を忘れずにお持ちください。カミナリを伴う所もあり、落雷や突風に要注意です。ヒョウの降ってくる所もありそうです。
大気の状態が不安定になる時間帯は、九州は昼頃まで、中国と四国、近畿はこれから今夜にかけて、東海と北陸は昼頃から、関東は夕方から夜の帰宅時間帯にかけてです。沿岸部を中心に風も強まり、横なぐりの雨になる所もあるでしょう。大きめの傘やレインブーツが役に立ちそうです。


3日は 北海道と東北で雪やふぶきに

北海道と東北は、今日は太平洋側で雨や雪の所がありますが、降り方は弱いでしょう。日本海側はおおむね晴れる見込みです。一転、明日は荒れた天気になります。
日本海側を中心に広く雪が降り、冷たい西寄りの風が強く吹くでしょう。ふぶいて見通しの悪くなる所もあり、北海道では猛ふぶきとなるおそれもあります。
なお、関東から西の天気は回復して広く晴れるでしょう。ただ、雨の翌日は花粉の飛ぶ量が多くなる傾向がありますので、対策を万全にしてお過ごしください。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!