0

強い勢力で上陸か 台風21号警戒期間

2017年10月21日 16時06分 (2017年10月22日 20時12分 更新)

超大型で非常に強い台風21号は勢力を保って日曜に沖縄・奄美に接近。月曜は強い勢力で本州に上陸する恐れ。日曜から月曜は全国的に大荒れで、大雨や暴風、高波、高潮に厳重な警戒が必要です。地方ごとに警戒期間をまとめました。


台風の進路予報

台風21号はきょう21日(土)午後3時現在、超大型で非常に強い勢力を維持しています。このあとも非常に強い勢力を保って日本の南を北上し、あす22日(日)にかけて沖縄・奄美に接近。あさって23日(月)には強い勢力で本州に上陸する恐れがあります。あすからあさっては全国的に大荒れで、大雨や暴風、高波、高潮に厳重な警戒が必要です。

21日午後3時50分発表


地方ごとの雨や風

【沖縄】
台風は非常に強い勢力を維持したまま、あす未明に大東島地方に最も接近する見込みです。大東島地方はきょう夕方から、本島地方も夜遅くから暴風となるでしょう。あすにかけて予想される波の高さは、大東島地方13メートル、本島地方と宮古島地方8メートル、八重山地方7メートルです。また、あす昼ごろにかけては1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所があるでしょう。
【九州】
九州南部は今夜遅くから、九州北部はあす朝から暴風となる所がある見込みです。あすは夕方にかけて非常に激しい雨の降る所があり、大雨となるでしょう。大雨による土砂災害や河川の増水、氾濫などに警戒が必要です。
【中国・四国】
台風が最も接近するのは、あす夜からあさって未明にかけて。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!