2

南に熱帯低気圧 次の「台風」発生か

2017年10月23日 16時34分 (2017年10月24日 18時42分 更新)

台風21号は温帯低気圧に変わりましたが、日本のはるか南には、別の台風のたまごである熱帯低気圧があります。


◆超大型の台風21号 温帯低気圧に

超大型の台風21号は今日(23日)午前3時頃、静岡県の御前崎市付近に上陸し、その後、関東を縦断、三陸沖を進み、各地に大きな爪痕を残しました。台風21号は午後3時に北海道の東の海上で、温帯低気圧に変わりました。
ただ、温帯低気圧に変わっても油断はできません。風の強い状態は続き、東北では今夜遅くにかけて、北海道では明日(24日)の明け方にかけて暴風に警戒して下さい。
また、台風が寒気を引きずり込んだため、北海道の内陸部を中心に平地でも雪が降っています。旭川では午後3時現在も3センチの積雪となっています。今夜いっぱい湿った雪が降り、平地でも降雪量が多くなる見込みです。シーズン初めの雪ですので、車は冬の装備で、いつも以上に慎重な運転を心掛けて下さい。また重たい湿った雪が電線に着雪し、停電が起こる可能性もあります。懐中電灯や暖をとるものを用意しておくと良いでしょう。


◆別の台風のたまご

明日(24日)以降は先週の天気とは傾向がガラリと変わり、ようやく全国的に秋晴れが続くようになりそうです。ただ、心配なのが台風のたまごです。カロリン諸島には台風のたまごである「熱帯低気圧」があり、今後もゆっくりと西よりに進むでしょう。この海域はまだ海水温が高く、今後、この熱帯低気圧は台風に発達する可能性があります。今後の進路ははっきりせず、日本への影響は分かりませんが、まだ台風シーズンは終わっていません。今後も台風の動向に注意が必要です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    温暖化。

    1
  • ゲコッ!! 通報

    もう11月だよ?有り得ないんだけど、この先は「標準」と化すのだろうか。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!