0

13日の天気 九州~東海 秋雨続く

2018年9月13日 06時47分

九州から東海は雨が降りやすく、四国の太平洋側では局地的に滝のような雨が降るでしょう。最高気温は、九州から関東で平年より低く、10月上旬並みの所もある予想です。

きょうの天気

九州から本州の南岸に延びる秋雨前線は、西日本付近でやや北上する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。
沖縄は晴れる見込みです。海は、台風22号からのうねりが届き、波が高くなりますのでご注意下さい。九州は、早い所は朝から雨雲がかかるでしょう。昼頃からは広く雨が降り、雷が鳴ることもありそうです。四国は断続的に雨が降るでしょう。9月12日からきょう13日午前5時までの総降水量は四万十町大正で130.0ミリ、四万十町窪川で125.0ミリとなっています。太平洋側では昼前まで1時間に70ミリの滝のような雨が降る所がある見込みです。土砂災害に厳重に警戒、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。中国地方は午後を中心に雨が降るでしょう。局地的に雷が鳴り、激しく降ることがありそうです。近畿も太平洋側から雨が降り出し、午後は広く雨が降るでしょう。雷を伴って、傘をさしていてもぬれてしまうくらいの雨が降る所がありそうです。北陸は雲に覆われて、朝晩を中心に雨や雷雨でしょう。東海は雲が多く、局地的に雷を伴って、激しい雨が降りそうです。関東は雲が広がり、夜は広く雨が降る見込みです。東北は晴れ間がありそうです。朝晩は所々で、にわか雨や雷雨があるでしょう。

「13日の天気 九州~東海 秋雨続く」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!