0

台風24号 列島上陸か 特徴と警戒点

2018年9月26日 18時40分

大型で非常に強い台風24号は29日(土)頃に沖縄にかなり接近、30日(日)から1日(月)にかけて九州から北海道を縦断する可能性。広く暴風や大雨となる恐れがあります。

大型で非常に強い台風24号の進路と特徴

沖縄の南の台風24号は大型で非常に強い勢力を維持しています。今後もゆっくり北上し、29日(土)頃に非常に強い勢力で沖縄にかなり接近する予想。その後、北東に進路を変え、30日(日)から1日(月)にかけて九州から北海道を縦断する恐れがあります。
今回の台風の特徴は
・沖縄付近では動きが遅く影響が長引く恐れがあること
・台風周辺の湿った空気が流れ込んで本州付近の秋雨前線の活動が活発になり、台風の接近前から大雨となる恐れがあること
・台風は進路を北東に変えた後、一気にスピードを上げて、九州から北海道を縦断し、急に大荒れの天気となる恐れがあること
などです。

各地の警戒点

【沖縄】沖縄では風が強く、海はしけています。27日(木)はさらに風が強まり、海はうねりを伴ってしけるでしょう。28日(金)以降は猛烈なしけとなる見込みです。石垣島など先島諸島では28日(金)から、本島地方は29日(土)に暴風となるでしょう。高波や暴風に厳重な警戒が必要です。海岸付近では高潮による浸水や冠水にも注意が必要です。
【九州~近畿】29日(土)には秋雨前線の活動が活発化し、発達した雨雲が次々かかるでしょう。台風の接近前から雨量が多くなる恐れがあります。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「台風24号 列島上陸か 特徴と警戒点」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!