0

テレビで大絶賛の『ココス ビーフハンバーグステーキ』は本当に美味しいの? 実際に食べてみました

2010年11月23日 11時15分 (2010年12月2日 14時50分 更新)


テレビ朝日の人気番組『お願いランキング』で、ココスの料理の中でいちばん美味しいと評価された『ココスビーフハンバーグステーキ』。オーストラリア産の牛肉を100パーセント使用したジューシーなハンバーグで、風味、歯ごたえ、満足感、すべてにおいて最高の美味しさとのこと。

でも、テレビで報道されたからって本当に美味しいとは限りません。『お願いランキング』は信用できる番組のひとつですが、実際に食べて確かめてみないと真実はわかりません。そこで当編集部は、実際にココスでココスビーフハンバーグステーキを食べてみる事にしました。本当に美味しいといいのですが……。はたしてそのお味は?

ココスビーフハンバーグステーキは、付け合わせの具によっていくつかのバリエーションが用意されています。ココスビーフハンバーグステーキだけなら571円、帆立クリームコロッケ付きとカキグラタン付きは880円、カキフライ付きが780円です。どれもメインはココスビーフハンバーグステーキなので、好きなものを選ぶと良いでしょう。

今回はココスビーフハンバーグステーキ&帆立クリームコロッケを注文しました。ハンバーグにかけるソースは和風ステーキソース、デミグラスソース、おろしポン酢から選べます。記者はデミグラスソースを選びました。注文から約10分ほどでテーブルにやってきました。ハンバーグは長方形をしており、ソースは別の器に入っています。ソースをかけて食べるのではなく、食べる直前にソースに浸して食べるようです。

最初、フォークで切って食べようと思ったのですが、ハンバーグに弾力があるため、なかなか切ることができません。「まるでステーキのようなハンバーグ」と言われるだけのことはあります。改めてフォークで切ると、信じられないほどの肉汁がジュワーッとあふれ出しました。ここまで肉汁があふれ出すハンバーグはなかなかないと思います。高級ハンバーグ店ならまだしも、少なくともファミリーレストランでは稀だと思います。

ハンバーグの断面を見てみると、焼き加減はなんとレア! 肉の鮮度の良さが伺えます。しっかり焼いたお肉が食べたい場合は、食べる前に生の部分を高熱の鉄のかたまりに押し付け、徹底的に焼くこともできます。焼いた後にソースに浸して食べます。

肝心の味ですが、非常に素材の持っている味を生かした味になっています。ファミリーレストランの料理は味がハッキリとしている味付けの濃いものが多いのですが、このココスビーフハンバーグステーキは非常に薄味で、肉そのものの味を堪能できます。また、ソースもかなり上品な味付けになっており、濃厚な肉のウマミと上品なソースがからみあい、他のファミリーレストランでは味わえない体験を堪能することができます。

このハンバーグの単品価格が571円というのも嬉しいですね。これが900円や1200円というのなら「これくらいのものか」と思うかもしれませんが、571円でこの味を出しているわけで、「ココスの企業努力はすごいな」と感じてしまいました。正直、ファミリーレストランの味を求めていくと「何か物足りないかな?」と感じてしまうかもしれませんが、素材の味を生かしたこの味はココス以外で味わえないものと言えるでしょう。
(レビュー/ 超B級グルメ評論家のりすけ)

このニュースの元記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!