0

食べたら死んじゃう!? 超巨大・高カロリーピザバーガー

2011年8月23日 11時00分 (2011年8月24日 10時50分 更新)

日本でも一時期流行りましたね、「メガバーガー」という名の巨大なハンバーガー。あまりのボリュームに、途中でギブアップする人も多かったようです。しかしあのサイズでも、アメリカ人にとっては夕食前の軽いオヤツみたいなもの。

ファストフード大国・アメリカには、我々の想像をはるかに凌駕するハンバーガーが存在するのです!

気になるハンバーガーの中身は、厚さ10センチ以上はありそうな超メガハンバーグが2つと何重にも折り重なったベーコン、端から飛び出すオニオンリング、カーテンのように覆い尽くすハラペーニョジャックチーズ……などなど。

もう、こうして書いているだけでも胸焼けがしてくるほどですが、これだけでは終わりません。なんとバンズがピザ。もう一度言いましょう。具を上と下からはさんでいるのは、フルサイズのピザなのです。

そのたたずまいは、もう食べ物というよりはオブジェのよう。しかし、チーズがだらーんと垂れ下がり色味も単調なため、お世辞にもきれいなビジュアルとは言えません。むしろ「グロ注意」といった様子。お願いですから、レタスとトマトぐらいは入れてやってください。

栄養バランスや色彩というものをまるっきり無視した、この潔いほどの肉々しさ。あまりの高カロリーに食べた人が心臓発作を起こさないとも限りません。
事実、このバーガーを紹介しているサイトでは「通称・ウィドウ(未亡人)メーカー」なるあだ名までつけられているのです。米ドラマ「CSI」で、妻が夫を殺す凶器として高カロリーバーガーが使われる日も近いのかもしれません。

どこに行けばこのハンバーガーが食べられるのか?そこまでは詳しくは書いてありませんが、食べてみたい方は自分で作ってみるのも手です。

バンズとなるピザは、コストコのフードコートで45センチサイズのホールピザを2枚買ってくればOK。中身となるハンバーグは4キロのひき肉を2つに分け、一生懸命こねて作りましょう。チーズやピクルス、オニオンリングをこれでもかというほど入れまくり、ピザで上下を挟めば完成! あとはひたすら食べるべし!

ただし、完食して体調に異変をきたしても、自己責任でお願いいたします。

(文=yayoi)

参考:elablog.com(http://p.tl/6Pbe

このニュースの元記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!