0

障害児を育てているママへの「余計な一言」その1 #25

2017年1月21日 22時00分
illustration (C)今井久恵

“子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方”の著者の立石美津子の連載「もしかしてウチの子、障害児?」です。今日は第25回目です。“余計な一言シリーズ その1”です。

ママ友の子どもが障害児だった場合、「どう接したらよいのかわからない」「障害については触れない方がいいのかしら」と悩む人の声をよくききます。

元気づけるため言葉を選んで話したのに、却って相手を傷つけてしまった……なんてことも。

そこで今日は、“余計なアドバイス”になってしまいがちな事例を元に、コミュニケーションの温度差についてお話したいと思います。

「余計なアドバイス」になってしまいがちな7選
source:https://www.shutterstock.com/

(1)「神様が下さった天使なのよ」

「子どもはママを選んで生まれてくるんだよ。きちんと育てられる人のところにやってくるんだよ」「神様から与えられた天使」の応援メッセージ。

でも、言われた側は「綺麗ごとを言わないでよ。神様に選ばれたくなんかなかったわよ!」と呟いているかもしれません。

出生前診断で障害児だとわかると人工中絶してしまう人が9割に上ります。障害児がいることが家族の絆にならず離婚し、一家がバラバラになることもあります。

それから、障害児を差して「こういう子たちは優しくて天使だ」と言う人がいますが、そんな型にはまったものではなく意地悪な人、性格が穏やかな人もいます。だって1人の人間なんですから。

  

(2)「病気治るといいね」

発達障害は病気ではありません。生まれつき持っている脳機能の障害なのです。大人になってもずっと発達障害を抱えたまま生きていきます。

病気というと「治療すれば治る」のニュアンスが含まれます。療育訓練により素行が改善することはあっても、根っこは変わらないんです。だから「病気」と言われるとちょっと違和感があるんですよ。

それから、病気ではないので「どんな症状があるの?」も違和感があります。もし聞くならば「どんな特徴があるの?」と聞いてみましょう。

(3)「子どもなんてみんなそんなものよ、心配し過ぎ」

他の子どもと比べて動きが異常に激しく、目を離した隙にしょっちゅう迷子になる子ども。「ひょっとして……」と不安がよぎり、ママ友に相談してみました。

すると「子どもなんて小さい頃はみんなそんなものよ。」と片付けられてしまいました。でも、診断結果は“注意欠如/多動性障害(AD/HD)でした。

(4)「大器晩成型なのよ」

「このまま大きくなったら一体どうなっちゃうんだろう」とお先真っ暗に感じているところへ「大器晩成型なのよ」と保証をするようなフレーズ。

でも、将来を悲観して親子無理心中する人もいます。将来の明るい見通しをわかったように発言するのは相手のことを本当に思って考えた言葉ではないかもしれません。

 

(5)「才能あるでしょ」

自閉症で画家やピアニストになった人がテレビで脚光を浴びているのを見て「自閉症児は秘めた才能がある」「ギフテッドチャイルドに違いない」という世間の思い込み。でも、それは一握りの人達なんです。凡人の自閉症児もいるんです。

「才能生かして、将来の職業につなげて」と何度も言われると、「今から将来の仕事のことも考えないとダメなんだ~。才能を見つけて伸ばさないとダメな母親ですよ~」と言われている感じがします。

時刻表を詳細に覚えているなど記憶力が良い子には「凄い記憶力だね、才能だね」だけに留めておいてくださいね。

(6)「必ず成長するわよ!」

「必ず伸びる、成長する、だから頑張って」と励ましてもらうことがあります。確かに「伸びない」なんて言われたら絶望しか残りません。

でも、むやみな励ましは危険な言葉にもなります。なぜなら、「障害者の母は頑張らねばならない」という理想の母親像を作り、追い詰めている言葉にもなるからです。

(7)「個性の一つよね」

個性ではなく生まれつきの脳の機能障害。アレルギー体質のように持って生まれたもので、後から作られた性格ではありません。個性で片付けられる生やさしいものではないんです。24時間、365日一緒に生活していると凄く疲れるし、しんどいんです。

このように、相手を思って言った一言でも、それがその通りには伝わらないことがあります。特に障害を抱えた子どもを育てる親は壮絶な日々を送っています。軽い励ましだけの楽観的な言葉は相手を傷つけることにもなります。

他にも言ってしまいがちな言葉がいくつかありますが、続きは次回にお伝えしますね。

【参考・画像】

※ Zivica Kerkez、 Photographee.eu / Shutterstock

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「障害児を育てているママへの「余計な一言」その1 #25」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!